黒田陶苑

作家陶歴

物故作家

荒川豊蔵(あらかわとよぞう)

1894年  岐阜県土岐郡泉村久尻に生まれる
1906年 神戸の貿易商に勤めるがすぐに帰郷。多治見陶器商の小僧になる
1919年 初代宮永東山を知り、2年後東山を頼って上洛。伏見の窯の工場長となる
1927年 北大路魯山人の星岡窯に招かれ、魯山人雅陶研究所の研究員に加わる
1930年 岐阜県可児郡久々利字大萱の牟田洞古窯址で志野の陶片を発掘
        これを契機として次々に古窯址を発見
        志野、織部、瀬戸黒、織部などの茶陶が美濃で焼かれていたことを実証
1933年 大萱に半地下式穴窯を築き古志野、瀬戸黒の制作に没頭
1942年  川喜田半泥子、金重陶陽、三輪休和と「からひね会」を結成する
1955年 志野、瀬戸黒の技術で重要無形文化財保持者に認定される
1968年 文化勲章を授章
1985年 91歳で死去
ページのトップに戻る

石黒宗麿(いしぐろむねまろ)

1893年  富山県新湊市に生まれる
1912年 県立富山中学を中退し、上京してしばらくは中越汽船会社に勤務する
1917年  郷里の家で楽焼を楽しみ陶芸に興味を覚える
1925年 金沢に移り隣家で伊賀・三嶋・刷毛目の焼きものを焼く
1927年 京都市今熊野日吉町、10年には京都市八瀬と仕事場を移しながら
        その間専ら中国、朝鮮における作陶技術の解明にあたり、その復元に務める
1937年  パリ万国博覧会で銀賞を受ける
1940年 中国、朝鮮を巡歴、わが国で初めての木ノ葉天目制作に成功する
1952年 天目釉の再現技術で無形文化財に認定される。
1955年 鉄釉陶器の技術で重要無形文化財保持者に指定される
        日本工芸会の理事に就任
1956年 郷里新湊市の名誉市民となる
1968年 75歳で死去
ページのトップに戻る

板谷波山(いたやはざん)

1872年  茨城県真壁郡(現・下館市)に生まれる
1889年  東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学
    岡倉天心、高村光雲らに学ぶ
1894年  東京美術学校卒業
    美校受験者のための開成予備校で彫刻を、攻玉社中学校で図面を教える
1896年  石川県工業学校木彫科主任教諭として金沢に赴任する
1898年  石川県工業学校の木彫科が廃止され陶磁科を担当、陶芸を本格的に研究する
1900年  アール・ヌーヴォー様式の意匠研究を始める
1903年  石川県工業学校を辞職し、東京高等工業学校窯業科嘱託となる
    東京府北豊北(東京都北区)に住居と工房を建てる
    郷里の筑波山に因んで「波山」と号す
1906年  日本美術協会展に3点出品、技芸褒状一等を受章
    うち1点を益田鈍翁に買上げられる
1908年  「日本美術協会展」に出品、銅賞牌を受賞
1909年  日本美術協会展の委員となる。この折、皇后陛下に作品を献上
1911年  東京勧業博覧会陶磁七宝部の委員となる
        全国窯業品共進会にて「白磁鳳凰文花瓶」「彩磁印甸亞文花瓶」が一等賞金牌を受賞
1914年 大正天皇即位記念東京大正博覧会の監査員となる
    同会にて「葆光彩磁孔雀唐草文大花瓶」が金牌を得、宮内省が買上げる
1918年 新潟県長岡市で「波山会」が作られる
    この頃より「彩壺会」の講演会に参加
1927年 帝展審査委員となる。工芸家団体茨城工芸会結成し、会長就任
1929年 工芸家として初の帝国美術院会員となる。帝展の工芸部主任審査員となる
1930年 パリでの日本美術展覧会に尽力した功績により、フランス大統領よりアカデミー勲章を贈られる
1933年 郷里の高齢者に鳩杖を制作して寄贈する(1952年まで作り続け、総数319点に及ぶ)
1937年 帝国芸術院会員となる
1938年 郷里の日中戦争戦没者遺族に、観音像や香炉を制作寄贈して霊を慰める
    (1956年まで作り続け、総数281点に及ぶ)
1953年 陶芸家として、初の文化勲章授章
1954年 横山大観とともに茨城県名誉県民に推挙される
1960年 重要無形文化財萩焼保持者として認定されるが辞退する
1963年 「財団法人波山記念会」設立。直腸癌のため91歳で死去
ページのトップに戻る

宇田川抱青(うだがわほうせい)

1946年 山口県生
1972年 高校卒業後、兄の聖谷とともに「丹妙山窯」を築窯
1982年 独立して「白登山窯」を築窯
1983年 当苑にて個展
    白萩、灰被、枇杷など制作する
1993年 死去
ページのトップに戻る

岡部嶺男(おかべみねお)

1919年  瀬戸市窯神山に生まれる
1932年 愛知県立瀬戸窯業学校に入学
1939年 昭和12年頃習作した灰釉瓶子を含む多数の自作が古瀬戸として流通していることを知り愕然とし
    自ら改造した穴窯の焚口を壊す
1949年 岡部辰子と結婚
1955年 第一回陶磁協会賞受章
1963年 愛知県愛知郡日進町に新居を構える
1968年 日進町の住居にアトリエが完成
1969年 青瓷花瓶の一対を焼成、宮内庁の新宮殿正殿梅の間に納める
1971年 芝木好子が嶺男をモデルにした「青磁砧」を『群像』に発表する
1990年 肺がんによる呼吸不全のため70歳で死去
2007年 「青磁を極める―岡部嶺男展―」東京、名古屋、岐阜、山口、兵庫、茨城の主要美術館で巡回展
2008年 当苑にて「壷愁 岡部嶺男展」開催
ページのトップに戻る

鹿児島壽蔵(かごしまじゅぞう)

1898年 福岡県福岡市に生まれる
1913年 有岡米次郎に博多人形制作を学ぶ
1917年 福岡市に素焼窯「碧玲洞」築き、独立
1918年 彫刻の勉強を決意し上京、テラコッタを制作。岡田三郎助にデッサンを学ぶ
1920年 アララギに入会、歌の指導を受ける
1934年 「日本紙塑芸術研究所」を設立、「人形美術団体甲戌会」を結成
1936年 「第一回帝展第四部美術工芸展」で入選
1940年 「日本人形作家連盟」を結成
1945年 短歌雑誌『潮汐』創刊する
1955年 日本工芸会正会員となる(後、副理事や参与)
1961年 重要無形文化財「紙塑人形」保持者認定
1973年 勲三等瑞宝章授章
1977年 文化財保護審査会専門委員工芸技術部会長就任
1982年 急性肺炎で死去、正五位追賜
ページのトップに戻る

加藤卓男(かとうたくお)

1917年 岐阜県多治見に生まれる。
    父・加藤幸兵衛に師事
1965年 フィンランド工芸美術学校に留学
    イラン窯址にてペルシャ陶器を研究
1991年 日本陶磁協会賞金賞受賞
1995年 三彩の技法にて重要無形文化財に指定
    ラスター彩、青釉、三彩、ペルシャ色絵などを再現する
2005年 死去
ページのトップに戻る

加藤唐九郎(かとうとうくろう)

1898年  愛知県瀬戸市に生まれる
1914年 築窯し作陶に入る。その傍ら、瀬戸及び周辺古窯の発掘調査を行う
1929年 瀬戸古窯調査保存会を設立し理事長に就任
1947年 名古屋で日本陶芸協会を設立し理事長に就任
1950年 日本陶磁協会理事に就任
1952年 織部焼の技術で国の無形文化財有資格者に認定
1956年 日本文化芸術使節団の一員として諸外国を訪問
1957年 日ソ工芸展実行委員会長として活躍
1960年 日本陶磁協会、日本工芸会各理事、日本伝統工芸展、朝日陶芸展の 各審査委員など
    全ての公職を辞し、作陶に専念する
1964年 「東京オリンピック記念加藤唐九郎陶芸展」開催
1965年 毎日芸術賞を受賞
1977年 作品集『陶藝唐九郎』を刊行
1985年 87歳で死去
ページのトップに戻る

加藤土師萌(かとうはじめ)

1900年 愛知県瀬戸市に生まれる
1914年 愛知県窯業学校助手を務め、陶磁器図案を習得
1926年 岐阜県陶磁器試験場勤務、研究と作陶を行う
1927年 第8回帝展入選
1937年 パリ万博にてグランプリ受賞
1940年 横浜市日吉に築窯、独立。中国 明時代の黄地紅彩を復元。金襴手、釉裏金彩、青白磁などを研究
1951年 黄地紅彩の技法が無形文化財に指定される
1955年 東京芸術大学教授に就任
1959年 ブリュッセル万国博にてグランプリ受賞
1961年 重要無形文化財保持者として認定される
1966年 日本工芸会理事長就任
1967年 東京芸術大学名誉教授となる。紫綬褒章授章
1968年 肝臓癌のため死去。勲三等瑞宝章授章
ページのトップに戻る

金重素山(かねしげそざん)

1909年 岡山県和気郡伊部村に備前焼窯元 金重楳陽の三男として生まれる
1927年 兄・金重陶陽の助手として窯詰窯焚をつとめる
1951年 陶陽窯を離れ、大本教本部内亀岡の「花明山窯」に奉仕
    三代教主・出口直日の指導ならびに助手を務める
1959年 大本教本部綾部の「鶴山窯」に奉仕
1964年 岡山市円山に登窯を築窯
1966年 電気窯による緋襷焼成を完成させる
1967年 大本教梅松館工房開きに際し、石黒宗麿、金重陶陽らと作陶する
1974年 山陽新聞社文化賞受賞
1982年 伊部に「牛神下窯」築窯
1983年 岡山県指定重要無形文化財保持者に認定される
1990年 伝統文化保存振興貢献により、文化庁長官賞受賞
1991年 岡山県文化賞受賞、勲四等旭日小綬章授章
1994年 三木記念賞受賞
1995年 備前市功労賞受賞。肺炎のため86歳で死去
ページのトップに戻る

金重陶陽(かねしげとうよう)

1896年 岡山県備前市伊部に窯元・金重楳陽(槇三郎)の長男として生まれる。本名は勇
1910年 伊部尋常高等小学校卒業後、父について備前焼の道に入る
        作風は細工物から茶陶へと向かう
1932年 ロクロ成形にも工夫をこらし、1941年にはほぼ完成
1942年  川喜田半泥子、荒川豊蔵、三輪休和と「からひね会」を結成する
1949年 備前窯芸会を結成
1952年 備前焼の技術で国から無形文化財に選択される
1955年 日本工芸会の設立に参加
1956年 重要無形文化財保持者に指定される
1960年 山陽新聞文化賞、岡山県文化賞を受賞
1962年 日本伝統工芸展審査委員
1964年 二度に渡りハワイ大学の夏期講座に講師として招かれる
1967年 天皇、皇后両陛下備前町行幸啓の際には御前制作
        勲四等旭日小綬章授章。72歳で死去
ページのトップに戻る

金重道明(かねしげみちあき)

1934年 岡山県備前市伊部に金重陶陽の長男として生まれる
1956年 金沢美大工芸科卒業
1957年 「朝日現代陶芸展」初入選。以後、連続して入選
1958年 「日展」入選
1960年 渡米、翌年2月に帰国
1964年 「日本伝統工芸展」入選。以後、たびたび入選する
1968年 京都、東京国立近代美術館開催「現代陶芸の新世代展」出品
1969年 日本工芸会正会員となる
1971年 第3回金重陶陽賞受賞。日本橋高島屋「第二回金重道明展」開催
1976年 東ドイツにて開催の「日本の陶磁名品展」に出品
1980年 日本陶磁協会賞受賞
1983年 米国スミソニアン美術館「備前の名陶その源流から現代まで」に出品
        大阪、岡山、ビクトリアアンドアルバート美術館にて開催の「現代日本陶芸展」に出品
1984年 西ドイツ国内巡回開催の「土と炎 現代日本の伝統陶芸展」に出品
1985年 岡山、福山天満屋、東京高島屋にて「作陶30年記念展」開催
1995年 61歳で死去
ページのトップに戻る

加守田章二(かもだしょうじ)

1933年  大阪岸和田市に生まれる
1952年 京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学。富本憲吉、近藤悠三の指導を受ける
1956年 卒業後茨城県立日立市の「大甕窯」設立に参加、ここで2年務めて退職する
1958年 益子の塚本製作所で研修し34年、益子で独立
1964年 「現代国際陶芸展」「陶磁の新世代展」に招待出品。日本伝統工芸会正会員になる
1966年 ジャパン・アート・フェスティバルに招待出品
1967年 日本陶磁協会賞並びに高村光太郎賞を受章
1968年 国立現代美術館主催「現代陶芸の新世代」に招待出品。日本工芸会正会員を辞し無所属となる
1969年 岩手遠野市で制作を始める
1970年 「現代の陶芸―ヨーロッパと日本―」に招待出品
1974年 藝術選奨新人賞を受賞
1983年 49歳で死去
ページのトップに戻る

河井寛次郎(かわいかんじろう)

1890年 島根県に生まれる
1910年 東京高等工業学校窯業科に入学、板谷波山の指導を受ける。濱田庄司と共に釉薬や中国陶磁などの研究を行う
1920年 京都五条坂にて作陶を開始する
    窯は「鐘渓窯」と名付ける
1926年 柳宗悦、濱田庄司らと共に『日本民芸美術館設立趣意書』を発表、「民芸運動」に関わる
1937年 パリ万国博覧会でグランプリを受賞する
1947年 寛次郎の詞『火の誓い』を棟方志功の版画で制作する
1955年 文化勲章、人間国宝、芸術院会員などへ推挙されるが辞退している
1956年 「ミラノ・トリエンナーレ国際工芸展」でグランプリを受賞
1966年 晩年まで無位無冠の陶工として創作活動を行う。76歳で死去
ページのトップに戻る

川喜田半泥子(かわきたはんでいし)

1878年  大阪市東区で生まれる
1894年 三重県尋常中学校(現・三重県立津高等学校)で藤島武二に洋画を学ぶ
1900年 東京専門学校(現・早稲田大学商学部)に入学(翌年退学)
1903年 百五銀行に取締役として入行する
1909年 津市議会議員に当選(1913年に再選)
1910年 三重県議会議員に当選
1912年 津市南郊外にある千歳山を購入。千歳山の土が陶土であることを知り楽焼を試みる
1913年 中国、朝鮮半島を旅行し、各地の陶土を持ち帰る
1916年 三重農工銀行の頭取に就任。日本画を狩野派の三谷有信に学ぶ
1919年 百五銀行の頭取に就任(1945年まで在任)
1922年 三重合同電気会社(後に中部電力に合併)に社長として就任
1925年 明治生命監査役に就任。千歳山北部に両口倒焔式の石炭窯を築く
1930年 私財及び、旧宅の土地を寄付し、「財団法人石水会館」を設立
1933年 小山冨士夫設計の二袋煙突式薪窯を千歳山南端に築き、轆轤場も設ける
    (小山冨士夫、真清水蔵六らが来て、初窯を焚くが失敗に終わる)
1934年 多治見、瀬戸の窯、また朝鮮半島や唐津の古窯址をを見学調査。
    自らの設計で三袋の登窯を築き、初窯を成功する     (翌年から「千歳窯」と呼ぶ) 1942年 荒川豊蔵、金重陶陽、三輪休和と「からひね会」を結成する 1943年 南画家・藤本木田らによって『千歳山半泥子六十六名碗鑑』を刊行 1945年 百五銀行頭取を辞任し、会長となる     終戦後、千歳山を進駐軍に接収されたため、津市郊外長谷山に疎開する 1946年 千歳山の窯を長谷山に移し、「広永陶苑」を創設する 1950年 百五銀行相談役となる 1954年 喜寿を記念して、喜寿祝賀77碗をつくる 1955年 進駐軍退去後に千歳山の本宅を再建し、居住を移す 1956年 藍綬褒章を授章。傘寿記念の茶碗80碗の製作を始める(希望者多数により100碗となる) 1957年 「八十寿祝賀会」開催     参加者100人に記念の茶碗と図録『半泥子八十賀百碗鑑』を贈る 1958年 「広永窯」に泥仏堂を建立 1963年 84歳で死去
ページのトップに戻る

北大路魯山人(きたおおじろさんじん)

1883年  京都上賀茂神社の社家北大路清操の二男として上賀茂に生まれる
        本名は房次郎。生後すぐに養子に出され、転々とする
1888年  福田武造の養子となる
1893年 上京区の梅屋尋常小学校を卒業
    丁稚奉公に出されるがやがて書の才能を現す
1905年 岡本可亭に師事して書、版下、篆刻で独立。その後、長浜、京都、金沢と食客生活を送る
1919年 同郷の中村竹四郎(後の便利堂社長)と京橋で大雅堂藝術店を共同で経営する
1925年 赤坂山王台に「星岡茶寮」設立。魯山人はここを舞台として美食家、
    また陶芸家の天才として、一躍時の人となる 1936年 茶寮を追われた後、神奈川県大船山崎の広壮な自邸と1926年以来設けた窯場にこもって作陶生活を送る 1954年 ロックフェラー財団の招きで渡米、帰途ヨーロッパを巡遊。各地で作陶展を催し国際的に名声を博す 1955年 文化財保護委員会の小山冨士夫技官を通じ、織部焼の技術で国の重要無形文化財保持者の申し出があるが断る 1962年 76歳で死去
ページのトップに戻る

熊谷守一(くまがいもりかず)

1880年 地主で機械紡績を営む事業家の家に生まれ、幼少期より絵を好む
1897年 慶応義塾普通科に一学期のみ通学
1898年 共立美術学館入学
1899年 召集、徴兵検査で乙種合格
1900年 東京美術学校入学。山梨県や東北地方を巡るスケッチ旅行、青木繁との交遊をする 
1915年 再び上京し、第2回「二科展」に出展。後に軍の圧力で「二科展」が解散されるまで毎年出品 
1922年 大江秀子と結婚
1929年  二科技塾開設に際し参加、後進の指導にあたる
1932年 豊島区に家を建て、残りの生涯をこの家で猫たちと過ごす。なお熊谷の自宅は熊谷守一美術館として現存 
1968年 文化勲章辞退
1972年 勲三等叙勲辞退 
1977年 肺炎で死去、享年97
ページのトップに戻る

黒田辰秋(くろだたつあき)

1904年 京都市祇園清井町に塗師屋の子として生まれる
1927年 柳宗悦らと社家を借り受け、上賀茂民藝協会を創立。共同作業を始める
1958年 日本伝統工芸の鑑査委員となる
1964年 映画監督黒沢明より御殿場山荘の室内セットの制作依頼を受け岐阜県付知に仕事場を設けて出張制作をする
        「拭漆楢彫花文椅子」他、制作
1968年 新宮殿「千鳥の間」「千草の間」用に「朱溜栗小椅子」30脚および卓子10脚を完成させる
1970年 重要無形文化財の指定を受ける
1971年 紫綬褒章授章
1976年 『黒田辰秋 人と作品』が出版される
        志賀直哉武者小路実篤、川端康成、小林秀雄、浜田庄司らに序文を受ける
        京都市文化功労者になる
1982年 急性肺炎のため、京都市伏見区の自宅で死去
ページのトップに戻る

小山冨士夫(こやまふじお)

1900年 岡山県浅口郡玉島町で生まれる
1925年 京都の真清水蔵六に師事して京都で作陶を始める
1941年 中国古窯址の調査旅行を行い定窯古窯址を発見
1955年 日本陶磁協会の創立10周年を記念として「宋磁名品展」を開催
1959年 文化財保護委員会事務局無形文化課文化財調査官に就任
1960年 文部大臣賞藝術選奨(評論)受賞
1961年 イギリス東洋陶磁協会名誉会員となる
1966年 鎌倉の自宅に「永福窯」を築く
1967年 日本工芸会理事長に就任
1969年 骨董百話を藝術新潮に83回にわたって寄稿
1971年 勲三等瑞宝章を授章
1972年 神奈川県文化章を授章。岐阜県土岐市五斗蒔に「花の木窯」を築く
1975年 75歳で死去
ページのトップに戻る

鈴木治(すずきおさむ)

1926年 ロクロ師鈴木宇源治の三男として京都に生まれる
1948年 八木一夫、山田光らと「走泥社」を結成し、第1回「走泥社展」を開催
1961年 日本陶磁協会賞を受賞
1962年 プラハ国際陶芸展で金賞を受賞
1968年 大阪芸術大学陶芸家助教授となる
1970年 「ヴァロリス国際陶芸ビエンナーレ展」で金賞を受賞
        京都近美主催「現代の陶芸―ヨーロッパと日本―」に招待出品
1971年 ファエンツァ国際陶芸展で貿易大臣賞を受賞
        日本陶芸展推薦招待出品、以後、毎回出品
    京都、東京国立近代美術館主催「現代の陶芸―アメリカ・カナダ・メキシコと日本―」展に招待出品
1975年 「国際陶芸展‘75」に出品
1979年 「アート・ナウ’79」に出品
1999年 東京近代美術館にて「詩情のオブジェ 鈴木治の陶芸」開催
2001年 73歳にて死去
ページのトップに戻る

田村耕一(たむらこういち)

1918年 栃木県生
    東京美術学校図案科卒業後、富本憲吉に薫陶を得る
1958年 日本陶磁協会賞金賞受賞
1977年 東京藝術大学教授就任(後に、名誉教授)
1986年 鉄絵の技法で重要無形文化財に指定
1987年 死去
ページのトップに戻る

塚本快示(つかもとかいじ)

1912年 岐阜県土岐市製陶所の長男に生まれる
1926年 家業を手伝い以後、轆轤、釉掛、窯焚に従事
1950年 小山冨士夫を知り、以後指導を受ける
    中国北宋時代の白磁や青白磁の研究を始める
1963年 日本伝統工芸展入選
1964年 米国カリフォルニア博覧会で金賞受賞
1965年 日本伝統工芸展奨励賞受賞
1972年 日本伝統工芸展会長賞受賞
1973年 岐阜県に青白磁技術保持者無形文化財に指定
1977年 紫綬褒章授章
1979年 日本陶磁協会賞授賞
1980年 中日文化賞受賞
1983年 重要無形文化財保持者とし認定される。土岐市名誉市民に推挙される
1984年 勲四等旭日章授章
1990年 死去
ページのトップに戻る

辻清明(つじせいめい)

1927年 東京世田谷に生まれる。少年の頃より陶芸に興味を持ち、11歳のとき轆轤を学ぶ
1941年 姉・輝子と共に「辻陶器研究所」を設立、倒焔式石炭窯を築く
1951年 「新工人協会」を結成
1955年 多摩市連光寺の高台に辻陶器工房と登窯を築窯
1963年 五島美術館にて展覧会を開催
1964年 日本陶磁協会賞受章
1983年 日本陶磁協会金賞を受賞
1982年 『辻清明器蒐集』を出版
1986年 『辻清明作品集』を講談社より出版
1996年 『遊びをせんとや生れけむ』を平凡社より出版
2006年 華道家の假屋崎省吾とコラボレートした展示会「花炎」を開催する
2007年 「辻清明傘寿展」を開催
2008年 死去
ページのトップに戻る

初代 徳田八十吉 (とくだやそきち)

1873年  石川県能美郡小松大文字町(現小松市)の染物屋に生まれる 
1890年  義兄松本佐平(佐瓶)に師事、陶芸の道に進む 
1922年  東宮殿下御成婚の折、石川県より花瓶製作献上する 
1928年  御大典の折、小松町(現小松市)より万歳楽置物製作献上する 
1953年  文部省より無形文化財の指定を受ける
ページのトップに戻る

富本憲吉(とみもとけんきち)

1886年 奈良県生駒郡安堵町に生まれる
1904年 東京美術学校図案科に入学
1908年 ロンドンに留学。ウィリアムモリスの思想やホィスラーの作品に関心を抱く
1911年 六世乾山に入門するバーナード・リーチに通訳として付き添う
1926年 柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らと『日本民藝美術館設立趣意書』に連署
1936年 九谷の北出塔次郎の窯で色絵磁器の研究と制作
1944年 東京美術学校教授に就任
1950年 京都市立美術大学教授に就任
1955年 第一回重要無形文化財に認定される
    「富本憲吉作陶四十五周年記念展」を開催する
1961年 文化勲章を授章
1963年 肺がんのため死去
        遺書には“墓不要。残された作品をわが墓と思われたし”と記されていた
ページのトップに戻る

中里無庵(なかざとむあん)

1895年 唐津焼十一代中里太郎右衛門(天祐)の二男として佐賀県松浦郡唐津に生まれる
        本名は重雄
1914年 有田工業学校卒業
1927年 十二代中里太郎右衛門を襲名
1937年  川喜田半泥子の千歳山窯で作陶
1940年 伊万里市松浦町藤の川内茅の谷窯の発掘調査を最後に古窯址の調査を終了
1955年 文部省文化財保護委員会より唐津焼の無形文化財に認定される
    「日本伝統工芸展」に5点推薦出品(以後、連続して出品)
1957年 日本工芸会九州支部長代理に就任
1965年 御茶碗窯の一隅に割竹式登り窯を築く
1966年 唐津市より市政功労者に推される。紫綬褒章を授章
1969年 勲四等瑞宝章を授章。京都大徳寺にて得度し、号無庵を受ける
1971年 「日本陶芸展」に推薦招待出品(以後、連続して出品)
1973年 韓国ソウル市の「中里太郎衛門父子展」に出品
1976年 唐津焼の重要無形文化財保持者に認定される
1985年 90歳で死去
ページのトップに戻る

中村六郎(なかむらろくろう)

1914年 岡山県生
1945年 金重陶陽に師事
1961年 独立して六郎窯を築く
1986年 「日本伝統工芸展」他、入選
2004年 死去。勲七等青色桐葉章授章
    生前「徳利の六郎」と呼ばれるほど、酒器の名手であった
ページのトップに戻る

西岡小十(にしおかこじゅう)

1917年 佐賀県に生まれる
1950年 この頃より唐津古窯址を発掘調査に従事。小山冨士夫の命名により「小次郎窯」開設
    後年、荒川豊蔵命名により「小十窯」を開設。絵唐津、斑唐津、朝鮮唐津、絵斑唐津、梅華皮唐津など
    復元に力を注ぐ     また、加賀に登窯を開設している 2007年 死去
ページのトップに戻る

浜田庄司(はまだしょうじ)

1894年  神奈川県(現在の川崎市)に生まれる
1913年  東京高等工業学校窯業科に入学、板谷波山に師事
1916年  卒業後、河井寛次郎と共に京都市立陶芸試験場にて釉薬の研究を行う
1920年  リーチ帰国に同行し、イギリスにて共同で築窯する
1923年  ロンドンで個展開催、成功を収める
1924年  帰国後、沖縄「壺屋窯」などで学ぶ
1930年  益子にて作陶を開始する
1955年  民芸陶器にて重要無形文化財に指定される
1961年  日本民藝館の第二代館長に就任する
1968年  文化勲章授章
1977年  自ら蒐集した民芸品を展示する「益子参考館」を開館
1978年  83歳で死去
ページのトップに戻る

藤田喬平(ふじたきょうへい)

1921年 東京都新宿区に生まれる
1944年 東京美術学校工芸科彫金部を卒業
1947年 岩田工芸硝子に入社
1957年 東京にて個展を開催しはじめる
1975年 デンマーク「世界のスタジオグラス展」に出品
    日本を代表する作家として高い評価を受ける
1976年 日本ガラス工芸協会会長就任
1980年 「藤田喬平手吹きガラス作品集」(アート社)刊行
1986年 日本現代工芸美術展に出品し文部大臣賞受賞
1989年 日本芸術院会員に就任
1991年 朝日新聞社主催「古希記念藤田喬平の世界展」
1996年 宮城県松島に藤田喬平美術館開館
1997年 文化功労者となる
1999年 市川市名誉市民となる
2001年 コペンハーゲン装飾美術館にて個展「傘寿記念個展」開催
2002年 文化勲章授章
2004年 死去
ページのトップに戻る

藤本能道(ふじもとよしみち)

1919年 東京都生
    東京美術学校工芸科図案部卒業後、加藤土師萌に師事
1938年 富本憲吉の助手を務めながら、色絵磁器の技法を学ぶ
1956年 日本陶磁協会賞受賞
1963年 東京都青梅市に築窯
1985年 東京藝術大学学長を務める
1986年 色絵磁器の技法で重要無形文化財に指定
1992年 死去
ページのトップに戻る

藤原啓(ふじわらけい)

1899年 岡山県備前市に生まれる
1915年 博文館「文章世界」に投稿し、一等賞を受ける
1928年 ハイネの訳詩集を生田春月との共著で出版する
    博文館にて「婦人之国」編集に携わる
1930年 フリーの文筆家となり、雑誌の随筆や新聞の小説を書く
1931年 結婚を期に、郷里に居を構える
1938年 万葉学者正宗敦夫のすすめで備前焼を始める
    三村梅景の指導のもと築窯、作品制作する
1948年 国指定の丸技作家の資格を受ける
1954年 北大路魯山人の斡旋により、日本橋にて個展
1957年 岡山県指定無形文化財保持者に認定される
1958年 日本工芸会理事に推挙される
1970年 重要無形文化財保持者として認定される
1983年 肝臓癌のため死去。勲三等瑞宝章授章
ページのトップに戻る

藤原雄(ふじわらゆう)

1932年 岡山県備前に生まれる
    父の藤原啓に師事
1988年 日本工芸会理事
1996年 備前焼の技法で重要無形文化財に指定される
    豪放で存在感のある作品を制作
2001年 死去
ページのトップに戻る

前田青邨(まえだせいそん)

1885年 岐阜県中津川市に生まれる
1898年 叔父が営む東京根津「東濃館」に身を寄せる
1901年 尾崎紅葉のすすめで梶田半古の塾に入る
1902年 師・半古から「青邨」雅号をもらう
1911年 荻江節初代家元の妹・すゑと結婚する
1918年  日本美術院評議員に推挙される
1922年 日本美術院留学生として、小林古径と渡欧
1945年 郷里中津川に疎開、終戦後北鎌倉の居に戻る
1950年 東京芸術大学教授となる
1955年 文化勲章授賞。中津川市名誉市民となる
1967年 法隆寺金堂壁画再現のため、総監督として安田靫彦と共に就任する
1970年 皇居新宮殿「石橋の間」を制作
1972年 高松塚古墳壁画模写の総監督に委嘱される
1977年 鎌倉にて死去(92歳)
ページのトップに戻る

松井康成(まついこうせい)

1927年 長野県生
1957年 浄土宗月宗第二十三世住職となる
    田村耕一に師事。中国宋代の練上手の技法を研究する
1988年 日本工芸会理事就任
1990年 日本陶磁協会賞金賞受賞
1993年 練上手の技法で重要無形文化財に指定
2003年 死去
ページのトップに戻る

三浦小平二(みうらこへいじ)

1933年 新潟県佐渡生
    東京藝術大学美術学部彫刻学科卒業後、加藤土師萌の下で青磁の伝統技法を学ぶ
1990年 東京藝術大学教授就任(後に、名誉教授に就任)
1997年 青磁の技法で重要無形文化財に指定
2000年 日本工芸会理事就任
2006年 死去
ページのトップに戻る

三輪栄造(みわえいぞう)

1946年 人間国宝十一代三輪休雪の次男
1968年 武蔵野美術大学彫刻科を卒業
1969年 武蔵野学園版画科を卒業
1970年 伯父・三輪休和(十代休雪)の養嗣子となり、作陶を始める
1982年 日本工芸会正会員となる
1999年 萩の作家として期待されながら、52才の若さで亡くなる
ページのトップに戻る

三輪休和[十代三輪休雪](みわ きゅうわ)

1895年 山口県阿武郡に旧萩藩御用窯三輪家九代雪堂の次男として生まれる。
1910年 祖父・八代雪山、父・九代雪堂に師事し作陶修業に入る。
1911年 江戸千家流の茶道、宝生流謡曲の稽古を始める。
1927年 九代雪堂の隠居にともない三輪窯十代を継承し休雪を襲名。
1928年 この頃から藁灰による白釉の発色について研究を重ねる。
1934年 朝鮮半島へ古陶磁の視察旅行に出かける。
1942年 川喜田半泥子・金重陶陽・荒川豊蔵と「からひね会」結成。
1943年 技術保存法指定作品山口県認定委員を命ぜられ、萩焼の技術保存指定者認定を受ける。
1956年 山口県無形文化財「萩焼」に認定。第3回日本伝統工芸展に初入選。
1957年 「山口県陶芸協会」が創設され、会長に就任。
    萩焼の無形文化財保持者に認定。「日本工芸会」正会員となる。
1959年 「萩焼陶芸協会」会長に就任。
1961年 中国新聞社より中国文化賞受賞。
1964年 山口県文化功労者として表彰。
1967年 十一代休雪を弟に譲り、「休和」と号する。紫綬褒章受章。
1970年 重要無形文化財(人間国宝)保持者に認定。
1972年 萩市名誉市民となる。
1973年 勲四等旭日小授章受章。
1981年 死去。
ページのトップに戻る

八木一夫(やぎかずお)

1918年 陶芸家・八木一艸の長男として京都市に生まれる
1937年 京都市立美術工芸学校彫刻科を卒業
1947年 『青年作陶家集団』の趣意書を発表する
1948年 鈴木治、山田光、松井美介、叶哲夫とともに「走泥社」を結成する
1957年 京都市美術大学(現・京都市立芸術大学)彫刻科の非常勤講師となる
        この年初めて黒陶作品の制作を始める
1969年 『八木一夫作品集』(求龍堂)が出版される
1972年 東京伊勢丹で「八木一夫個展」が開催され、本のシリーズを発表する
1978年 パリのグラン・パレで開催の「FICA78」にて「八木一夫陶彫展」と題し
    作品「Haiku I 〜XI」を陳列、高評を博す 東京伊勢丹で「還暦記念八木一夫展」が開催される 1979年 心不全のため死去
ページのトップに戻る

山口長男(やまぐちたけお)

1902年 韓半島の独占支配をめぐって日露が激しく対立していた時期の京城(現在のソウル)に生まれた
1921年 19歳までを京城ですごし、その後上京して本郷洋画研究所で岡田三郎助に師事
1922年 川端画学校を経て、東京美術学校西洋画科に入学
    長原孝太郎、小林万吾、和田英作らに学ぶ
1927年 東京美術学校卒業後、同期生の荻須高徳とともにパリに渡る
    在仏中の佐伯祐三の制作姿勢に強い影響を受け、
    またピカソ、ブラック、ザッキンなどにも大きな刺激を受ける
1931年 日本経由で京城に帰り、抽象的な作風の作品制作を開始する
    この年以来、京城から「二科展」に出品を続けた
1938年 山口、吉原治良ら二科会の前衛的傾向の作家が集まって「九室会」を結成
1945年 補充兵として釜山近辺に配備となり、そこで終戦を迎える
1946年 京城を引き上げて上京
1953年 「日本アブストラクト・アート・クラブ」の創立に参加
1954年 会員としてニューヨークでの「アメリカ抽象美術展」に出品
1955年 「第3回サンパウロ・ビエンナーレ」に出品
1956年 「第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ」に出品
1961年 芸術選奨文部大臣賞を受賞
1983年 死去
ページのトップに戻る

山本陶秀(やまもととうしゅう)

1906年 岡山県備前に生まれる。楠部弥一に師事
1970年 日本工芸会理事
1987年 備前焼の技法で重要無形文化財に指定される
    高い轆轤技術によって、備前を代表する名工といわれた
1994年 死去
ページのトップに戻る

吉賀大眉(よしかたいび)

1915年 山口県萩市に生れる
1938年 東京美術学校(現・東京芸大)彫塑科卒
1953年 山口大学教育学部講師(1967年迄)
1955年 第11回日展北斗賞受賞
1957年 第13回日展特、選並びに北斗賞を受賞
1968年 日展評議員
    山口芸術短期大学教授(1985年迄)
1969年 改組第1回日展総理大臣賞受賞
1971年 日本芸術院賞受賞
    日展理事
1982年 日本芸術院会員
1983年 日展常務理事
1985年 日本陶磁協会金賞受賞
1986年 勲三等瑞宝章授章
1990年 文化功労者授章
1991年  逝去
ページのトップに戻る

現代作家

〜備前・焼締 Bizen/Yakishime〜

江間廣(えまひろし)

1953年 東京都に生まれる
1977年 上智大学を卒業する
1992年 備前陶芸センターを卒業する
1994年 独立し穴窯を築窯
1997年 当苑にて個展を開催
ページのトップに戻る

大桐大(おおぎりたい)

1967年 岡山県に生まれる。父親は大桐國光(彫刻家)
1989年 大阪芸術大学を卒業する
1990年 原田拾六に師事する
1995年 独立し、築窯
2000年 当苑にて個展を開催
2015年 新窯を築く
ページのトップに戻る

隠崎隆一(かくれざきりゅういち)

1950年 長崎県福江市に生まれる
1973年 大阪芸術大学卒業
1985年 ニューヨークキッドモア美術大学客員参加
1987年 第4回田部美術館「茶の湯の造形」展 優秀賞受賞 / '93年同賞受賞
1988年 第5回田部美術館「茶の湯の造形」展 大賞受賞 / '92年同賞受賞
1990年 日本工芸会正会員となる
1995年 第8回MOD岡田茂吉賞優秀賞受賞
1996年 平成7年度 日本陶磁協会賞受賞
2004年  備前焼の魅力-伝統と創造-(茨城陶芸美術館)
2005年 Contemporary Clay 展出品
    Boston 美術館(アメリカ)
2006年 Contemporary Clay 展出品
    Japan Society(ニューヨーク)
ページのトップに戻る

金重巖(かねしげいわお)

1965年 岡山県に生まれる。父・金重道明に師事
1995年 独立。同年、当苑にて「金重道明一門展」に出品する
2003年 当苑にて個展を開催する
ページのトップに戻る

金重晃介(かねしげこうすけ)

1943年 岡山県生まれ。父は金重陶陽
1970年 東京藝術大学大学院修了
1975年 陶芸作品を発表し始める
1982年 築窯
    田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞
    「サントリー美術館大賞展」招待出品
    現在、日本陶磁協会賞など受賞多数
ページのトップに戻る

金重まこと(かねしげまこと)

1945年 岡山県に金重素山の長男として生まれる
1979年 京都大学農学部卒業後、独立する
1997年 「備前焼パリ展」出品する
    現在、東京、大阪、岡山、ドイツ、ミュンヘンなど個展を開催
    田部美術館「茶の湯の造形展」奨励賞を受賞
    淡交ビエンナーレ奨励賞を受賞
ページのトップに戻る

金重有邦(かねしげゆうほう)

1950年 岡山県備前市伊部に生まれる
    武蔵野美術大学彫刻科中退後、父:金重素山のもとで陶芸の道に入る
1980年 以後各地にて個展。
2002年 当苑にて個展  
2003年 日本陶磁協会賞受賞記念展 
    田部美術館「茶の湯の造形」展 奨励賞を受賞
    淡交ビエンナーレ奨励賞を受賞
    菊池ビエンナーレ奨励賞を受賞
2005年 当苑にて新窯展 
2008年 当苑にて『ことのは』展  
2012年 東京 菊池寛実記念・智美術館にて「金重有邦 生まれくるもの」  
2014年 当苑にて「金重有邦個展」
ページのトップに戻る

熊野九郎右ヱ門(くまのくろうえもん)

1955年 福井県に生まれる
1976年 藤田十郎右ヱ門に師事する
1982年 戸田宗四郎に師事する
1983年 再び、藤田重良ヱ門に師事する
1985年 窯焚き指導の為、旧ソ連に招待される
1986年 サハリンに招待される
1987年 築窯
2000年 ドイツ外務省より招待される
ページのトップに戻る

島村光(しまむらひかる)

1942年 岡山県に生まれる
    浪速短期大学絵画科を卒業する
1978年 岡山県長船町に穴窯を築窯する
1987年 牛窓町の寒風陶芸会館の立像を制作する
1990年 備前市久々井に移る
1992年 登窯を築窯
1997年 当苑にて「おくれてきた猫」で初個展
2004年 穴窯築窯
2013年 備前市指定無形文化財 備前焼製作技術保持者に認定
2015年 岡山県文化奨励賞 受賞
2016年 山陽新聞賞 文化功労 受賞
    第13回マルセン 特別賞 受賞
ページのトップに戻る

末廣学(すえひろまなぶ)

1966年 大阪府に生まれる
1985年 森陶岳に師事する
    第1回寒風大窯に参加
1993年 独立
1997年 当苑にて個展を開催する
2004年 田部美術館「茶の湯の造形展」入選
ページのトップに戻る

高力芳照(たかりきよしてる)

1970年 兵庫県に生まれる
1989年 金重素山、金重有邦に師事する
1996年 独立し、築窯
2003年 当苑にて個展を開催する
2004年 田部美術館「茶の湯の造形展」入選
ページのトップに戻る

長岡正巳(ながおかまさみ)

1948年 滋賀県に生まれる
1970年 神谷紀雄に師事する
1972年 神奈川県藤沢で独立する
1976年 修善寺に穴窯を築窯
1995年 当苑にて個展を開催する
2013年 6月 死去。
ページのトップに戻る

中村眞(なかむらまこと)

1949年 岡山県に中村六郎の長男として生まれる
    金重道明に師事する
1975年 独立
 現在 東京、大阪、名古屋、岡山など各地で個展を開催する
ページのトップに戻る

野村一郎(のむらいちろう)

1953年 岡山県に生まれる
1981年 備前にて陶芸を始める
1991年 岡山県西庄にて初窯
2007年 大賀島にて初窯
ページのトップに戻る

原田拾六(はらだしゅうろく)

1941年 岡山県に生まれる
1969年 この頃より作陶を始める
1971年 穴窯を築窯する
1972年 登窯を築窯する
1975年 桂又三郎に師事し、古備前の研究を始める
2000年 日本陶磁協会賞を受賞
2002年 「岐阜県現代陶芸美術館記念展」に出品
ページのトップに戻る

藤岡周平(ふじおかしゅうへい)

1947年 愛媛県に生まれる
1970年 立命館大学を卒業する
1974年 愛知県窯業訓練校を経て、谷本光生に師事する
1975年 三重県上野市に築窯する
1987年 この頃より、当苑などで個展多数開催する
1995年 「第4回国際コンテンポラリーアートフェステバル(NICAF)」にて個展
ページのトップに戻る

森陶岳(もりとうがく)

1937年 岡山県備前郡伊部に生まれる。父は窯元六姓家の森秀次
1959年 岡山大学特設美術科を卒業
1962年 郷里にて作陶活動を始める
1963年 「日本伝統工芸展」に初入選する
1966年 日本工芸会正会員となる
1968年 砂壷、彩文土器などが評価され、日本陶磁協会賞受賞
1979年 陶片や資料をもとに大窯による焼成研究を重ね、兵庫県相生郡西後明に大窯を築窯
1980年 60日間に及ぶ焼成を経て備前大甕・大壷を完成、評価を確立する
        その後、岡山県牛窓町の寒風陶芸の里に53メートルにも及ぶ直炎式登窯の大窯を築き、
        また、室町期に最高水準に達した大窯による備前焼の解明に取り組む
1996年 岡山県重要文化財保持者に認定
2002年 備前焼作家として初めて日本陶磁協会賞金賞を受賞
2005年 文化庁長官表彰
2006年 紫綬褒章授章・福武文化賞、岡山県三木記念賞受賞
2008年 全長85メートルの新大窯を築窯
ページのトップに戻る

横山直樹(よこやまなおき)

1970年 岡山県に生まれる
1992年 川端文男に師事する
1994年 田部美術館「茶の湯の造形展」入選
1999年 岡山県美術展覧会奨励賞を受賞する
2003年 「日本伝統工芸展」入選
ページのトップに戻る

和仁栄幸(わにえいこう)

1944年 広島県に生まれる
1967年 金重陶陽に入門、陶陽没後、金重道明に師事、金重素山に薫陶を受ける
1975年 独立
1977年 「金重一門展」に出品
1999年 田部美術館「茶の湯の造形展」大賞受賞
ページのトップに戻る

〜唐津・萩 Karatsu/Hagi〜

梶原靖元(かじわらやすもと)

1962年 佐賀県に生まれる
1980年 唐津の太閤三ノ丸窯の江口宗山に師事する
1989年 京都の大丸北峰に師事する。有田、唐津、京都など各地で修行を重ねる
1995年 唐津にて独立する
1998年 相知にて穴窯築窯
2001年 佐里にて築窯する
2002年 韓国古窯址を調査
2003年 韓国古窯址にて3カ月間研修
    第100回 九州山口陶磁展 経済産業大臣賞受賞
2004年 古唐津研究会発足
2005年 中国遼寧省に地質巡検
2009年 中国河南省汝窯青瓷古窯跡視察
2012年 韓国梁山にて作陶
2013年 韓国通度寺にて作陶
ページのトップに戻る

兼田昌尚(かねだまさなお)

1953年 山口県に生まれる
1979年 筑波大学大学院を修了する。帰郷後、父・兼田三左衛門に師事する
1985年 日本工芸会正会員
2000年 筑波大学芸術学系助教授に就任する(〜2003)
2002年 岐阜県陶芸美術館「現代陶芸の100年」展に出品
2003年 茨城県陶芸美術館「現代陶芸の華―響きあう色と形―」展に出品
ページのトップに戻る

田中佐次郎(たなかさじろう)

1937年 福岡県北九州市、古美術商の父のもとに生まれる
1965年 縄文・弥生土器の発掘調査、手びねりを始める(28歳)
1971年 古唐津窯趾発掘調査に加わる。古唐津再現のため作陶開始
1975年 唐津市半田に登窯と工房を築く           
1979年 加藤唐九郎氏に師事 
1982年 独立して築窯                             
1985年 しぶや黒田陶苑にて初個展(48歳)                
1987年 古窯地山瀬に登り窯移築、現在に至る
1997年 韓国各地に点在する高麗茶碗古窯址の発掘調査をはじめる
2000年 奥高麗、大井戸茶碗の復元に従事する
2003年 韓国蔚山市の山間に半地上六連房式登窯「亀山窯」を築窯
2004年 初窯火入式
2014年 スイス、ジュネーブにて個展『田中佐次郎展』開催
2016年 ニューヨークにて個展開催

・新宿伊勢丹・横浜そごう・福岡三越・岡山高島屋・池袋西武・しぶや黒田陶苑、
 海外では韓国、スイス、ニューヨークにて個展開催
・山瀬窯: 佐賀県(東松浦郡)唐津市浜玉町山瀬マリ石
ページのトップに戻る

中川自然坊(なかがわじねんぼう)

1953年 佐賀県に生まれる
1977年 井上東也に師事する
1982年 独立して築窯
1985年 当苑にて初個展を開催さうる
2000年 奥高麗、大井戸茶碗の復元に従事する
2011年 逝去
ページのトップに戻る

西川弘敏(にしかわみつはる)

1964年 生まれる
1983年 唐津にて田中佐次郎先生に師事
2002年 北波多村成淵に築窯
2009年 当苑にて「極上の湯碗」展出品
2010年 当苑にて「大酒器」展出品
 現在、各地で個展など開催する
ページのトップに戻る

浜本洋好(はまもとひろよし)

1938年 佐賀県に生まれる
1969年 唐津の窯元で修行する(13年間)
1982年 独立して築窯。初期の斑唐津復元に取組む
1986年 当苑にて初個展を開催する
ページのトップに戻る

丸田宗彦(まるたむねひこ)

1961年 佐賀県に生まれる
1980年 浜田庄司の三男・篤哉に師事する
1984年 黒牟田に帰り、作陶を始める
1987年 内田皿屋窯を開窯する
    「日本伝統工芸展」入選
1993年 当苑にて初個展を開催する
2000年 穴窯の皿屋川登窯を開窯
ページのトップに戻る

三輪和彦(みわかずひこ)

1951年 山口県生(11代休雪、壽雪の三男)
1975年 米国に留学
1981年 帰国し三輪窯で制作を開始
2000年 山口県立美術館「三輪和彦の茶室・藜‐REI−」展
    当苑にて個展
2002年 岐阜県陶芸美術館「現代陶芸の100年」展出品
2003年 茨城県陶芸美術館「現代陶芸の華 ‐響きあう色と形」展出品
2006年 日本陶磁協会賞受賞 
2012年 国際陶芸アカデミー会員
    山口県選奨 受賞
ページのトップに戻る

三輪壽雪(みわじゅせつ)

1910年 山口県萩市椿東無田ヶ原に三輪窯九代雪堂の三男として生まれる(本名 節夫)
1941年  三重県津市千歳山窯で川喜田半泥子に師事    
1955年 この年陶号を「休」と称し、対外出品活動を始め、9月通産省「全日本産業工業展」に入選し、
      選抜されてアメリカへ出陳される
1957年 第四回「日本伝統工芸展」初入選(以後第20回まで連続)
1960年 日本工芸会正会員となる
1961年 山口県芸術文化振興奨励賞を受賞
1967年 十代休雪隠居して休和と号し、十一代休雪を襲名する
1968年 中国文化賞を受賞
1970年 山口県選奨(芸術文化功労)を受賞
1972年 日本工芸会理事となる
    山口県指定無形文化財に認定
1976年 紫綬褒章受章
1979年 山口県立美術館顧問
1982年 勲四等瑞宝章受章
1983年 重要無形文化財(萩焼)保持者(人間国宝)に認定される
1990年 勲四等旭日小綬章受賞
2002年 萩市名誉市民に推挙される
    山口県文化特別功労賞を受賞
2003年 壽雪と改名し、長男龍作が十二代休雪を襲名する
2004年 日本陶磁協会制定五十年記念賞受賞
2006年 「萩焼の造形美 人間国宝 三輪壽雪の世界展」(東京国立近代美術館工芸館、山口県立萩美術館・
      浦上記念館などを2007年にかけて巡回)
ページのトップに戻る

三輪将嗣(みわまさつぐ)

1971年 山口県に生まれる
1996年 青山学院大学卒業
1998年 京都市立工業試験場卒業
    祖父・三輪壽雪、父・三輪栄造(故人)に師事する
2017年 逝去
ページのトップに戻る

〜志野・織部・黄瀬戸 Shino/ Oribe/ Kiseto〜

各務周海(かがみしゅうかい)

1941年 岐阜県に生まれる
1963年 駒澤大学を卒業する
1966年 岐阜県陶磁器試験場研究生課程を修了、加藤幸兵衛に師事する
1968年 独立して、穴窯を築窯する
ページのトップに戻る

加藤高宏(かとうたかひろ)

1972年 愛知県に生まれる
1994年 中国よりロシア、欧州諸国を陸路で周り、スペインのグラナダに1年間滞在。語学、美術を学ぶ
    帰国後、重高陶房にて作陶。現在は名古屋、東京、大阪などで個展を開催
ページのトップに戻る

加藤亮太郎(かとうりょうたろう)

1974年 多治見市に七代加藤幸兵衛の長男として生まれる
    祖父は人間国宝の加藤卓男
1997年 京都精華大学芸術学部陶芸科を卒業する
    在学中より松本ヒデオ先生に師事する
1999年 京都市立芸術大学大学院陶磁器専攻科を修了する
2000年 家業の幸兵衛窯に入る
 現在、各地で個展、グループ展など多数開催する
ページのトップに戻る

小山智徳(こやまとものり)

1953年 長野県に生まれる
1978年 瀧口喜兵爾に師事する
1981年 登窯を築窯
    現在は当苑などで個展を開催
ページのトップに戻る

鈴木藏(すずきおさむ)

1934年 岐阜県土岐市に生まれる
1953年 岐阜県多治見工業高等学校窯業科を卒業する
    丸幸陶苑に入社、釉薬や土の研究をする 
1959年 「第8回日本陶芸展」に初出品、佳作賞を受賞
    「第6回日本伝統工芸展」に初入選を果たす
1961年 「第8回日本伝統工芸展」日本放送協会賞会長賞を受賞
1962年 「プラハ国際陶芸展」グランプリ
1963年 「第1回朝日陶芸展」富山県知事賞を受賞
        (1964、66年に優秀賞、65年に岐阜県知事賞を受賞する)
1964年 自宅にガス窯を設置、作陶を開始する
1967年 「第14回日本伝統工芸展」日本工芸会会長賞を受賞
1968年 日本陶磁協会賞受賞(1982年に金賞)
1987年 岐阜新聞文化賞、芸術選奨文部大臣賞など
1990年 多治見虎渓山町に築窯する
1994年 重要無形文化財「志野」の技術保持者に認定
1995年 紫綬褒章受章
ページのトップに戻る

鈴木徹(すずきてつ)

1964年 岐阜県に生まれる
1988年 京都府陶工高等技術専門校を卒業。父・鈴木藏に師事する
1997年 日本工芸会正会員
2003年 「日本伝統工芸展」新人賞受賞
ページのトップに戻る

樋口雅之(ひぐちまさゆき)

1967年 岐阜県に生まれる
    名古屋芸術大学を卒業、備前焼の山本陶秀に師事する
1995年 独立
    現在、当苑などで個展を開催
ページのトップに戻る

堀一郎(ほりいちろう)

1952年 岐阜県に生まれる
1971年 多治見工業高校を卒業、加藤孝造に師事する
1984年 穴窯を築窯
1997年 工房を瑞浪市土岐町に移す
 現在 当苑などで個展を開催する
ページのトップに戻る

〜色絵・青瓷 他 Iroe/ Seiji/ Others〜

伊藤秀人(いとうひでひと)

1971年 岐阜県多治見市に生まれる
1991年 多治見市陶磁器意匠研究所を終了する
1995年 テーブルウェアフェスティバル優秀賞
1996年 岐阜県土岐市に開窯、高岡クラフト展審査員特別賞
1998年 国際陶磁器展美濃'98銀賞
2000年 第二回現代茶陶展金賞
ページのトップに戻る

内田鋼一(うちだこういち)

1969年 愛知県に生まれる
1990年 愛知県立瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科を卒業する
1992年 四日市にて独立後、各地で個展など多数開催する
2003年 三重パラミタミュージアムにて個展を行う
    作品集『UHIDA KOUICHI』刊行
2008年 当苑にて作品展開催
ページのトップに戻る

太田修嗣(おおたしゅうじ)

1949年	愛媛県生
1981年	鎌倉にて漆塗り職につく
1983年	村井養作氏に蒔絵を学ぶ
1988年	神奈川厚木にて独立
1991年	当苑にて個展
1993年	愛媛県伊予郡に工房を移す
ページのトップに戻る

岡晋吾(おかしんご)

1958年 長崎県に生まれる
1981年 佐賀県立窯業試験場デザイン科絵付科研修
1982年 肥前諸窯にて勤務(〜1992年)
1993年 西有田町にて独立する
2003年 唐津市浜玉町に移転築窯する
ページのトップに戻る

上泉秀人(かみいずみひでと)

1952年 福岡県に生まれる
1973年 愛知県立窯業高等学校に入学する
1976年 桂木一八に師事する
1988年 東京都青梅市にて独立
    現在、各地で個展、グループ展など多数開催する
ページのトップに戻る

木村展之(きむらのぶゆき)

1965年 京都府に生まれる
    父・木村盛伸に師事する
1988年 京都市工業試験場窯業専攻科を修了する 
    「日本陶芸展」入選、日清現代陶芸「めん鉢」大賞展審査員奨励賞を受賞、「現代茶陶展」入選
    日本工芸会正会員
ページのトップに戻る

栗木達介(くりきたつすけ)

1943年 愛知県瀬戸市に生まれる
1962年 京都市立美術大学に入学
        富本憲吉、近藤悠三、藤本能道に師事する 
1966年 大学卒業後、瀬戸に帰郷、父の下で作陶開始 
1967年 「日展」初入選
1969年 「朝日陶芸展」大賞受賞(1971、77年)
1974年 「日本現代工芸展」大賞、「中日国際陶芸展」大賞を受賞する
1975年 「朝日陶芸展」課題部門最高賞を受賞する
1976年 瀬戸市山口にて独立および築窯 
1977年 日本陶磁協会賞を受賞
1981年 「日本新工芸展」楠部賞を受賞する
1982年 京都市立芸術大学美術部専任講師となり、京都に転居する
        美術館での展示会へ出品(サントリー美術館、呉市立美術館)
1986年 京都市立芸術大学の助教授に就任する 
        美術館での展示会へ出品(サントリー美術館、京都市立美術館、愛知県陶磁資料館など)
1988年 「三都市巡回展」(名古屋、大阪、東京)
1993年 京都市立芸術大学の教授に就任
ページのトップに戻る

笹山芳人(ささやまよしと)

1953年 三重県に生まれる
1986年 作陶を本格的に始める
1990年 四日市、名古屋、東京、大阪など各地で個展活動を開始する
1993年 伊賀に薪窯を築窯する
ページのトップに戻る

柴山勝(しばやままさる)

1944年 東京都に生まれる
1969年 絵と陶芸、古美術を学ぶ(〜74年)
1975年 北海道伊達市にて築窯
1987年 当苑にて個展を開催する
1992年 京都書院『陶・柴山勝』出版
    亀田郡戸井町に移転する
ページのトップに戻る

鈴木爽司(すずきそうじ)

1939年 京都府に生まれる
    富本憲吉の薫陶を受ける
1967年 京都市立美術大学専攻科を卒業する
1968年 日展初出品入選(〜81年まで連続して入選する)
1973年 京都国立近代美術館「現代工芸の俯瞰展」に出品する
1974年 「京都府工芸美術展」第1回新人賞を受賞
1977年 兵庫女子短期大学教授に就任する
2004年 作品集を刊行する
ページのトップに戻る

滝口和男(たきぐちかずお)

1953年 京都府に生まれる
1974年 同志社大学を中退する
1978年 京都市立芸術大学を中退する
1992年 英国王立美術院を修了する
    「日本陶芸展」外務大臣賞、「中日国際陶芸展」準大賞、「日本陶芸展」秩父宮賜杯グランプリ、
    MOA美術館「岡田茂吉賞」展優秀賞、五島記念東急文化賞美術新人賞、日本陶磁協会賞、
    京都府文化賞奨励賞など数々の賞を受賞する
ページのトップに戻る

辻村塊(つじむらかい)

1976年 奈良県に生まれる
1994年 父、辻村史朗に師事する
2001年 奈良県桜井市に築窯、独立する
2009年 当苑にて「極上の湯碗」展出品
2010年 当苑にて「初碗」展、「大酒器」展出品
 現在、各地で個展を多数開催する
ページのトップに戻る

辻村唯(つじむらゆい)

1975年 奈良県に生まれる
1993年 父、辻村史朗に師事する
2000年 独立
2002年 半地下式穴窯を築窯
2010年 当苑にて「初碗」展、「大酒器」展出品
 現在、各地で個展を多数開催する
ページのトップに戻る

寺島裕二(てらしまゆうじ)

1949年 熊本県に生まれる
1978年 瀬戸市に開窯する
1985年 「台北国際陶芸展」招待出品
1992年 日清現代陶芸「めん鉢展」大賞を受賞する
1998年 ポルトガルにてワークショップに参加する
1999年 伊豆高原に陶壁を制作する
2003年 瀬戸新世紀工芸館「左の器・右の器展」出品
ページのトップに戻る

直木美佐(なおきみさ)

1947年 静岡県に生まれる
1967年 叔父・江川拙斎、父・直木友次良に師事する
1981年 鎌倉にて築窯する
1982年 この頃より当苑などで父子展や個展活動を開始する
ページのトップに戻る

長岡絢美(ながおかあみ)

1946年 京都府に生まれる
1966年 九州高取にて修行する
1967年 京都蛇ヶ谷にて学ぶ
1972年 独立して神奈川県藤沢市にて築窯
1986年 神奈川県二宮に築窯する
2001年 当苑にて個展を開催する
ページのトップに戻る

中野欽二郎(なかのきんじろう)

1971年 栃木県に生まれる
1996年 全国窯場を巡り、窯焚きを手伝う
1998年 栃木県にて独立
2002年 当苑にて個展を開催する
ページのトップに戻る

新里明士(にいさとあきお)

1977年 千葉県に生まれる
2001年 多治見市陶磁器意匠研究所を修了する
2002年 「第6回国際陶磁器フェスティバル美濃展」入選
2003年 「One わん大賞」優秀賞、「第41回朝日陶芸展」入選
2004年 「台湾国際陶磁器ビエンナーレ」入選
2005年 「韓国国際陶磁器ビエンナーレ」入選
    「ファエンツァ国際陶芸展」新人賞を受賞
2006年 「シドニー・マイヤー基金国際陶芸展」入選
ページのトップに戻る

深見陶治(ふかみすえはる)

1947年 京都府に生まれる
1985年 「イタリア・ファエンツア国際陶芸展」グランプリを受賞する
1992年 日本陶磁協会賞受賞
1996年 毎日芸術賞受賞
1999年 イタリア・ファエンツア国立陶芸美術館「世界現代陶芸10人展」に出品
ページのトップに戻る

福野道隆(ふくのみちたか)

1970年 埼玉県に生まれる
1992年 茨城県立窯業指導所にて学ぶ
1993年 伊藤東彦に師事する
1999年 「茨城県芸術祭美術展」覧会奨励賞を受賞する
2001年 「茨城県芸術祭美術展覧会」で優賞する
2002年 「日本伝統工芸展」入選(03、04、05年と続けて入選)
2005年 文化庁研修生として石川県立九谷焼技術研修所にて研修
    日本工芸会正会員
ページのトップに戻る

藤平寧(ふじひらやすし)

1963年 京都府に生まれる
    父は藤平伸
1988年 京都府立陶工職業訓練校を修了する
1990年 「京展」市長賞受賞
1991年 「陶芸ビエンナーレ」奨励賞受賞
ページのトップに戻る

正木春蔵(まさきしゅんぞう)

1947年 石川県に生まれる
1969年 大阪芸術大学を卒業する
1970年 三代須田菁華に師事する
1976年 「山背陶房」設立する
1980年 加賀市山中温泉へ移転
ページのトップに戻る

若尾経(わかおけい)

1967年 岐阜県に生まれる。若尾利貞の長男
1993年 日本大学芸術学部写真学科を卒業する
1995年 多治見陶磁器意匠研究所を修了する
1997年 「日本陶芸展」入選、「朝日陶芸展」秀作賞受賞
1998年 「国際陶磁器フェスティバル美濃」銅賞受賞
2004年 当苑にて個展を開催する
ページのトップに戻る

渡部秋彦(わたなべあきひこ)

1959年 山形県に生まれる
1983年 山形県平清水に「雷神窯」開窯
1993年 穴窯を築窯する
1994年 中国にて南宋代の官窯、龍泉窯を視察
2008年 静岡県にて穴窯を築窯する
    日本工芸会正会員
ページのトップに戻る

トップページに戻る

黒田陶苑