鼡志野茶碗 Tea bowl

金重素山/ SOZAN KANESHIGE
  • 鼡志野茶碗
  • 鼡志野茶碗
  • 鼡志野茶碗
  • 鼡志野茶碗
  • 鼡志野茶碗
  • 鼡志野茶碗
備前、唐津、越中瀬戸、萩などを含む八十碗を出品し多大な好評を得た「傘寿記念金重素山八十碗展」は晩年の金重素山にとって大きな節目となる展示会だった。 その際に展示されたこちらの茶碗は、志野焼の人間国宝、鈴木藏の陶房で製作されたものである。
素地に鬼板を掛け、さらに長石釉が施釉された表面は、鮮やかな緋色の景色をみせている。
全面に広がる志野の濃淡が、どの角度から眺めても美しく、見応えのある逸品。
高台脇に「山」の崩しの銘が刻まれている。
共箱 八十翁(With wood box titled, signed and sealed by artist aged 80.)
800,000円
12.6/11.7/H9.8cm

金重素山 作品一覧