北大路魯山人Kitaoji Rosanjin

魯山人の作品から学んだこと、学べることは莫大である
素材は勿論、造形、色彩そして作品から発する空気まで魯山人でしか出来ない仕事をしている

大藝術家魯山人は篆刻、書、絵画、陶芸、漆芸など多種多彩な名作を残した
言葉では語りきれない、表わしきれないその藝術感はこれからも私達を魅了しつづけていく

陶歴/ History

1883年 京都上賀茂神社の社家北大路清操の二男として上賀茂に生まれる
    本名は房次郎。生後すぐに養子に出され、転々とする
1888年 福田武造の養子となる
1893年 上京区の梅屋尋常小学校を卒業
    丁稚奉公に出されるがやがて書の才能を現す
1905年 岡本可亭に師事して書、版下、篆刻で独立。その後、長浜、京都、金沢と食客生活を送る
1919年 同郷の中村竹四郎(後の便利堂社長)と京橋で大雅堂藝術店を共同で経営する
1925年 赤坂山王台に「星岡茶寮」設立。魯山人はここを舞台として美食家、また陶芸家の天才として、一躍時の人となる
1936年 茶寮を追われた後、神奈川県大船山崎の広壮な自邸と1926年以来設けた窯場にこもって作陶生活を送る
1954年 ロックフェラー財団の招きで渡米、帰途ヨーロッパを巡遊。各地で作陶展を催し国際的に名声を博す
1955年 文化財保護委員会の小山冨士夫技官を通じ、織部焼の技術で国の重要無形文化財保持者の申し出があるが断る
1962年 76歳で死去
RosanjKitaohji was born in Kyoto in 1883. He founded the "Bishoku Club”(Gourmet Club) in 1921.
The Bishoku club became a private restaurant, the "Hoshigaoka-saryo Restaurant", in 1925.
He was selected as a Living National Treasure for his Oribe work, but he declined in 1955.
He died in 1959.

北大路魯山人 作品一覧