消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

伊部扁壷徳利 Tokuri, Imbe

金重道明/ MICHIAKI KANESHIGE
  • 伊部扁壷徳利
  • 伊部扁壷徳利
まず目に飛び込んでくるのは、青みを帯びた鼠色。
藍鼠色や、紺鼠色とも言うべき、しっとりと上品な色合いが全体を包む。

その蒼に二ヶ所、素地の色を残した抜け。
杏色のような黄味を呈した色に、柿渋色のような赤褐色の隈取。
自然の中で作られた補色(青と黄~赤)はお互いを惹き立てあいながら調和し、何とも言えない美しさ。

均整の取れた扁壷の肩には、二筋の掻いた線が入り、その静かな佇まいのアクセントとなっている。

キュッと引き締まった首に、小さな口造り。
そっと傾けると、トクトクトク……と、いい音が聞こえてきそうだ。

--------------------

The first eye catch is the color of blue gray cove the entire body elegantly. The gray is from warm gray to indigo gray.

There are two circles of unglazed parts, which is apricot yellow and outline in amber. Colors in this tokkuri are so beautiful in complementary colors of blue and red, sometimes yellow.

Balanced shoulder of the stylish flat round vase has two scratched lines, which is the very charm point of the tokkuri.
The tight neck and small mouth may sound nicely when you pour sake.
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist)
10.6 / 9.1 / H13.2cm
¥450,000- (税込 / including tax)

金重道明 作品一覧