彩雲なつめ Tea caddy

江波冨士子/ FUJIKO ENAMI
  • 彩雲なつめ
  • 彩雲なつめ
ムッリーニ技法と呼ばれる吹きガラス。
ヴェネチアンガラスの伝統的な技法である、ムッリーニ技法とは、四角いガラスのパーツ(ムッリーニ)をモザイクの様な組み合わせでデザインする技法の事。

小さなパーツを並べ吹き出すことにより、ガラスの厚みの中でパーツが動きをもって引き伸ばされ、綿毛が立ったような立体感が生まれている。

白を基調とした中に赤や黄、青、緑など様々な色が加わって、一面の花畑のよう。

光あって生きるガラス作品。
様々な明かりの元で変化する様を演出の一部とし、様々な顔を愉しんでみたい。


--------------------

Murrini is a technique of traditional Venetian glass. Glass of various colors are arranged to make beads. Then those tiny beads are aligned and sliced to form a sheet. By elongated in a furnace, tiny parts have lively movement in glass with soft feather-like texture. This tea caddy takes the sun light in the colorful glass, which we would like to enjoy the expressive faces under various lighting.
7.4/H7.3㎝
¥129,600 (税込/ tax included)