消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

水禽絵皿 Dish

加藤唐九郎/ TOKURO KATO
  • 水禽絵皿
  • 水禽絵皿
  • 水禽絵皿
  • 水禽絵皿
  • 水禽絵皿
  • 水禽絵皿
大きなお皿に軽快な足取りで走る鳥が描かれる。
その力の抜けた筆遣いが、のびのびとしていて何とも心地よい。

土に含まれた鉄分の斑が砂色に変化した灰釉にまんべんなく散らばり、ほのぼのとした空気感を醸し出し、親しみを感じさせる。

唐九郎前期のものと思われる珍しい作品。
箱書きには「旧作 水禽絵皿」とある。

『陶藝唐九郎』毎日新聞社刊、昭和52年10月30日発行に掲載されている。


---------------------------------------------------------------
A bird seems jumping with a light gait on the big dish.
The moving brush work gives the warm and natural feelings to the motif.

The iron dots appear all over the sand-like ash glaze, and we can feel the warm temperature in it.

This item is regarded as of a rare one in his early period, which actually the word “old work” is written on the lid of the box.
The work is in the catalogue “Togei Tokuro” published by Mainichi Newspapers on October 30, 1977.
共箱 (With wood box titled, signed and sealed by artist.)
1,800,000円
14.2×H5.4cm

加藤唐九郎 作品一覧