灰釉盃 Sake cup

岡部嶺男/ MINEO OKABE
  • 灰釉盃
  • 灰釉盃
  • 灰釉盃
  • 灰釉盃
  • 灰釉盃
  • 灰釉盃
嶺男独特の思い切った大胆な轆轤引きとヘラ目の表現は複雑で力強い螺旋を描き、不思議な格調と魅力を宿す。
嶺男があらゆる物創りのベースとし、生涯に渡り大切にした技法である灰釉は最も重要で興味深い。
透明な釉薬はヘラ目や轆轤目の凹凸を活かし、引っ掛かり釉が溜まるとやや薄緑色に変化して見える。
その釉調は瑞々しく表情豊かな自然そのままで美しい。
静かな空気の中に竹の葉が風にそよいでサラサラと耳に優しい旋律を奏でそうだ。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
1,200,000円(税込)
6.6/h5.2cm

岡部嶺男 作品一覧