消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

絵唐津茶碗 Tea bowl

加藤唐九郎/ TOKURO KATO
  • 絵唐津茶碗
  • 絵唐津茶碗
  • 絵唐津茶碗
  • 絵唐津茶碗
  • 絵唐津茶碗
  • 絵唐津茶碗
唐九郎先生も例外なく、古唐津を愛した陶藝家であった。
戦前より、唐津に挑み、数々の名作を産んだ。
この作品は、昭和40年代、いわゆる「一ム」時代の茶碗である。
抽象画のような、禅僧の書のような迫力のある鉄絵が描かれている。
高台には唐九郎先生の爪痕が数箇所に見られる。
渋めの釉調は、鮮明なお抹茶の緑が入ることにより、一層互いの色を引き出すであろう。
隅切の美しい共箱に納められている。

------------------------------
Tokuro, without exception, loved old Karatsu ware. He produced a number of excellent works in his early age. This item was made around 1970, when his signature was “一ム”. The brush strokes are like abstract painting or calligraphy by a Zen monk. You can see his finger marks on its foot. The dark tone colored tea bowl would make beautiful contrast with green tea.
With beautiful beveled box signed by the artist.
共箱 (With wood box titled, signed and sealed by artist.)
15.0/H7.4cm
売約済 / Sold

加藤唐九郎 作品一覧