絵志野茶碗 Chawan, E-shino

荒川豊藏/ TOYOZO ARAKAWA
  • 絵志野茶碗
  • 絵志野茶碗
昭和40年代、正に円熟期を迎えた豊藏先生の堂々とした絵志野茶碗である。
先生らしいゆったりとした鉄絵で片面には苫屋を、もう片面には橋を描き、その線は量感溢れる姿とも呼応している。サヤの内側に鉄を塗っていたのだろうか、両側面に強く緋色が出ており、見込みにも盃や香合を入れて焼成した輪状の跡が、同じ様に緋色を持って見所になっている。全面に見られる「柚肌」という、ピンホール状になった志野独特の肌も美しい。高台脇に「斗」の彫銘。

----------
This is one of great pieces of Eshino Chawan that Toyozo Arakawa created around 1970, when he reached its maturity.
The silhouette of rush-thatched house and the bridge by iron painting emphasizes the rich volume of Chawan. If he may have applied iron glaze inside the container or not, the red colors are developed on both sides. Moreover, he may also have placed Sake cup and incense box inside chawan, and the overlaid area that has as same color development as outside becomes beautiful expression. The pinholes called Yuzu-hada, the characteristic effect of Shino glaze, is also amazing. There is a engraved inscription by the foot.
13.8/H9.3㎝
共箱 / with box signed by artis
価格はお問い合わせ下さい。 (Please inquiry)
「人間国宝 荒川豊藏」2007年 岐阜県美術館 他 出品作品

荒川豊藏 作品一覧