花子の優雅な生活 Object, High Heeled

三輪龍作/ MIWA RYOSAKU
  • 花子の優雅な生活
昭和42年。三輪龍作(十二代三輪休雪)先生は、東京藝術大学陶芸科大学院修了展に『花子の優雅な生活』と題されたオブジェ陶のハイヒールを出品。そのデビューは当時の陶芸界に大きな衝撃を与えた。本作は同シリーズの作品。伝統の枠を超えて大きく発展する先生の記念碑的なシリーズと言えるだろう。
つま先に花の飾りを付け口縁にも一周花の印判が施されている。
底の内側には「Hanako 8 1/2」と彫られ、底裏側に「龍」の銘が書かれている。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
26.4 / 7.1 / 高16.5cm
¥1,500,000 (税込/including tax)

三輪龍作 作品一覧