加守田 章二Syoji Kamoda

陶歴/ History

1933年 大阪岸和田市に生まれる
1952年 京都市立美術大学工芸科陶磁器専攻に入学。
      富本憲吉、近藤悠三の指導を受ける
1956年 卒業後茨城県立日立市の「大甕窯」設立に参加、ここで2年務めて退職する
1958年 益子の塚本製作所で研修し1959年、益子で独立
1964年 「現代国際陶芸展」「陶磁の新世代展」に招待出品。
      日本伝統工芸会正会員になる
1966年 ジャパン・アート・フェスティバルに招待出品
1967年 日本陶磁協会賞並びに高村光太郎賞を受章
1968年 国立現代美術館主催「現代陶芸の新世代」に招待出品。
      日本工芸会正会員を辞し無所属となる
1969年 岩手遠野市で制作を始める
1970年 「現代の陶芸―ヨーロッパと日本―」に招待出品
1974年 藝術選奨新人賞を受賞
1983年 49歳で死去
1933-1983

1933 Born in Kishiwada, Osaka.
1952 Enrolled in Kyoto City University of Arts, majoring in Ceramics at Department of Crafts, and studied under Tomimoto Kenkichi and Kondo Yuzo.
1956 After Graduation, started to work as an engineer at Hitachi Ohmika Pottery Studio for two years.
1958 Did Internship at Tsukamoto Seitojo, a Pottery Factory in Mashiko, and become independent next year. Works hard on ash glaze and Ameyu glaze.
1967 Awarded Takamura Kotaro Prize, for the first person to be awarded as a potter.
1969  After moving to Tohno city, Iwate prefecture, he explored his new style of using curving lines and inscription pattern and colored pottery.
1974 Awarded the Minister of Education Award for Fine Arts.

加守田 章二 作品一覧