梶原 靖元KAJIHARA Yasumoto

陶歴/ History

1962年 佐賀県に生まれる
1980年 唐津の江口宗山に師事する
1989年 京都の大丸北峰に師事する。有田、唐津、京都など各地で修行を重ねる
1995年 唐津市和多田にて独立する
1997年 相知町にて穴窯を築窯する
2001年 佐里にて築窯する
2002年 韓国古窯址を調査
2003年 韓国古窯址にて3カ月間研修
2009年 中国河南省汝窯青瓷古窯跡視察
2012年 「韓日會寧陶磁展」出品
     韓国梁山にて作陶
2013年 韓国通度寺にて作陶
2014年 井戸茶碗古窯後 白蓮里、頭洞里の原料視察
2015年 高麗白瓷古窯跡 楊口、驪州視察
1962 Born in Saga.
1980 Studies under a Karatsu artist, EGUCHI Sozan.
1989 Studies under a DAIMARU Hokuho in Kyoto. Visited and learned techniques from several major ceramic places such as Arita, Karatsu, Kyoto and so on.
1995 Become independent in Karatsu.
1997 Builds his own kilns in 1997 and 2001, both in Karatsu, Saga.
2002 Excavates some ancient kilns in Korea.
2003 Researches ancient Korean ceramic pieces in Korea for three months.
2009 Researches The Ju kilns, Henan, China.
2012 Korea and Japan Hoeryŏng-si Pottery Exhibition.
   Making Pottery at Youngsan, Korea.
2013 Making Pottery at Tongdosa, Korea
2014  Researches on the materials at Baekryeon-ri, Du-don-ri: Old kilns of Ido Teabowls.
2015 Researches on Yanggu, Yeo ju: Korean Whiteware

梶原 靖元 作品一覧