野崎幻庵Genan Nozaki

陶歴/ History

1859年 賀陽郡平野村(現・岡山市平野)で、庭瀬藩士野崎通種・麻佐の長男に生まれる
1882年 父が死去。上京し、「中外物価新報(現・日本経済新聞)」の編集にかかわる
1883年 慶應義塾大学入学、福澤諭吉の門下生となる
1891年 濃尾地震発生。中外物価新報特派員として地震の経済的影響について連載し、注目を集める
1898年 中外物価新報主幹兼社長に就任
1905年 経営難から中外物価新報を解散、個人事業として経営を継承。多彩な紙面展開で経営を建て直しに成功
1911年 中外物価新報が中外商業新報社に改組、取締役社長となる
1915年 中外商業新報社長を辞し、三越呉服店(現・三越)社長となる(~1918年)
     以降、三越・瀬戸鉱山各取締役、鐘淵紡績監査役など歴任
1941年 小田原の別荘で死去。享年83
NOZAKI, Gen-an(1859-1941)

1859 Born in Okayama, as a sun of Feudal retainer of Niwase Domain.
1882 After his death, came to Tokyo and work for Chugai Price of Commodities Newspaper(present Nikkei News)
1883 Enrolled Keio University, and studied under Fukuzawa Yukichi.
1898 Become the president of Chugai Price of Commodities Newspapers.
1905 Dissolved the company for financial difficulties, but continued as a private industry. Succeeded to reorganize the management of the company.
1915 Become the president of Mitsukoshi Gofukuten(later Mitsukoshi department). Also become a director of Mitsukoshi, Seto Kozan, and an auditor of Kanebo.

野崎幻庵 作品一覧