加藤亮太郎 KATO Ryotaro

陶歴/ History

1974年 多治見市に七代加藤幸兵衛の長男として生まれる
    祖父は人間国宝の加藤卓男
1997年 京都精華大学芸術学部陶芸科を卒業する
    在学中より松本ヒデオ先生に師事する
1999年 京都市立芸術大学大学院陶磁器専攻修了
    在学中より秋山陽先生、石川九楊先生に師事
2000年  家業の幸兵衛窯に入る
2002年 倒焰式窯を自ら築く
2006年 現代作家茶碗特集(日本橋三越本店)以後毎年
2010年 大明寺(中国・揚州)鑑真和上像里帰り大法会にて作品を献上
2012年  越後妻有アートトリエンナーレ 
     ミノセラミックスナウ(岐阜県現代陶芸美術館)
2014年  パラミタ陶芸大賞展(パラミタミュージアム) 
2015年  和美茶美展(染清流館)
2016年  幸兵衛窯歴代展(古川美術館)
     父子展(日本橋三越) PANK工芸展(樂翠亭美術館)
2017年  引出用穴窯を築く  PANK工芸展(茨城県陶芸美術館)
1974 Born as the first son of the 7th Kato Kobei. His grandfather was a living national treasure, KATO Takuo.
1997 Graduated from Kyoto Seika University, department of Ceramic Art.
   He studied under Matsumoto Hideo while he was at school.
1999 Graduated from Kyoto City College of Art, majoring in Ceramics.
   Studies under a potter, AKIYAMA Yo and a calligrapher, ISHIKAWA Kyuyou.
2000 He entered Kobei-gama (the family business).
2014 Exhibits Paramita Ceramic Grand Prize Exhibition
   Exhibits at "Ten Japanese Potters"(Goldmark Gallery,UK)
2017 Build a new kiln for Hikidashi-kuro
   He has been holding solo exhibitions and joined group exhibitions in various places.

加藤亮太郎  作品一覧