金重 晃介Kaneshige Kosuke

陶歴/ History

1943年 金重陶陽の三男として、岡山県備前市伊部に生まれる。
1970年 東京藝術大学大学院彫刻科修了
1975年 陶芸作品を発表し始める
1982年 築窯
1988年 田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞 (1990年同賞受賞)
1994年 日本陶磁協会賞受賞
1999年 山陽新聞社賞受賞
2005年 岡山日日新聞社賞受賞
現代日本の陶芸(ボストン美術館)
2012年 岡山県重要無形文化財保持者 認定
2014年 岡山県文化賞
1943 Kosuke Kaneshige was born in Okayama.
1970 He is the second son of Michiaki Kaneshige. Graduated from Tokyo Geijutsu Daigaku (Tokyo University of the Arts).
1975 Starting presentations of his art works.
1981 Built his own kiln.
1982 Won an award at the Chano-yu (Tea Ceremony) Figurative Arts Exhibition at the Tanabe Museum of Art.
He has given an outstanding performance at several competitions.

金重 晃介 作品一覧