益田芳徳Yoshinori Masuda

陶歴/ History

1934年  東京都に生まれる
1948年  利根山光人に絵画を学ぶ
1954年  上越クリスタル硝子株式会社にてガラス制作を始める
1971年  走泥社同人となる(1998年解散)
1977年  「現代日本の工芸の秀作展」(東京国立近代美術館)
1980年  「日本クラフトデザイン展」優秀賞
1981年  「KASSELL'81-世界ガラス100人招待コンペ」カッセル(旧西ドイツ)
1983年  「朝日現代クラフト展」審査員奨励賞受賞
1986年  「日本のガラス300年展」(サントリー美術館)
1995年  ニューヨーク高島屋にて個展開催
1997年  「Made in Japan」(GLASMUSEUM,デンマーク)
1999年  「日本のガラス2000年展-弥生から現代まで」(サントリー美術館)
2010年  死去
1934 Born in Tokyo
1948 Studied painting under TONEYAMA Koujin
1954 Started making glassworks at Joetsu Crystal Glass Company
1971 Became a member of Sodeisha
1977 Exhibited works at “Selected craftworks of Contemporary in Japan” at Tokyo National Museum of Modern Art.
1980 Won the best prize at “Japan Craft Design Exhibition”
1981 “KASSELL'81-Competition by 100 glass artists” at Kassel in Western Germany
1983 Won a prize at “Asahi Modern Craft Exhibition”
1986 “300 years of Japanese Glass” at Suntory Museum
1995 Held a solo exhibition at Takashimaya Department in New York
1997 “Made in Japan” (GLASMUSEUM, Denmark)
1999 “2000 years of Japanese glass” at Suntory Museum

益田芳徳 作品一覧