三代 山田常山YAMADA Jozan III

陶歴/ History

1924年 愛知県常滑市に生まれる
1941年 愛知県立常滑工業学校窯業科卒業
    在学中より 祖父・初代 山田常山に師事
1946年 父 二代 山田常山に師事
1958年 第5回 日本伝統工芸展 初入選
    ブリュッセル万国博覧会にてグランプリ受賞
1959年 第7回 生活工芸展 第一席 朝日賞受賞
1961年 三代 山田常山 襲名
1963年 財団法人 日本工芸会正会員
1970年 日本万国博覧会 出品
1973年 フランス 第3回 ビエンナーレ国際陶芸展 名誉最高大賞受賞
    渡欧
1974年 日本陶芸巨匠大展 出品
1975年 常滑「手造り急須の会」会長
    「心と技ー伝統工芸名品展」北欧巡回展及び帰国展 招待出品
     (東京国立近代美術館•朝日新聞主催)
1993年 日本陶磁協会賞受賞
1994年 愛知県指定の無形文化財保持者認定
1996年 勲五等瑞宝章受章
1998年 国の重要無形文化財「常滑焼 (急須)」保持者(人間国宝)に認定
    東海テレビ文化賞受賞
2004年 旭日小綬章受章
2005年 逝去