石黒宗麿Munemaro Ishiguro

陶歴/ History

1893年 富山県新湊市に生まれる
1912年 県立富山中学を中退し、上京してしばらくは中越汽船会社に勤務する
1917年 郷里の家で楽焼を楽しみ陶芸に興味を覚える
1925年 金沢に移り隣家で伊賀・三嶋・刷毛目の焼きものを焼く
1927年 京都市今熊野日吉町、10年には京都市八瀬と仕事場を移しながら
    その間専ら中国、朝鮮における作陶技術の解明にあたり、その復元に務める
1937年 パリ万国博覧会で銀賞を受ける
1940年 中国、朝鮮を巡歴、わが国で初めての木ノ葉天目制作に成功する
1952年 天目釉の再現技術で無形文化財に認定される。
1955年 鉄釉陶器の技術で重要無形文化財保持者に指定される
    日本工芸会の理事に就任
1956年 郷里新湊市の名誉市民となる
1968年 75歳で死去
ISHIGURO, Munemaro (1893-1968)

1893 Born in Toyama
1917 Started to be interested in Pottery, especially Raku.
1925 Moved to Kanazawa, and make Iga-like pottery,
1927 Moved to Kyoto, and tried to the elucidate and restore the technique of Chinese and Korean pottery.
1937 Won the silver prize at the Paris Expo.
1940 Toured around China and Korea, and succeed to create Japan's first "Konoha-Tenmoku".
1955 Selected as a Living National Treasure for his Iron Glaze works.
1956 Became an honorary citizen of Shinminato City in Toyama.

石黒宗麿 作品一覧