富本憲吉Kenkichi Tomimoto

陶歴/ History

1886年 奈良県生駒郡安堵町に生まれる
1904年 東京美術学校図案科に入学
1908年 ロンドンに留学。ウィリアムモリスの思想やホィスラーの作品に関心を抱く
1911年 六世乾山に入門するバーナード・リーチに通訳として付き添う
1926年 柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らと『日本民藝美術館設立趣意書』に連署
1936年 九谷の北出塔次郎の窯で色絵磁器の研究と制作
1944年 東京美術学校教授に就任
1950年 京都市立美術大学教授に就任
1955年 第一回重要無形文化財に認定される
      「富本憲吉作陶四十五周年記念展」を開催する
1961年 文化勲章を受章
1963年 肺がんのため死去
      遺書には“墓不要。残された作品をわが墓と思われたし”と記されていた
Tomimoto, Kenkichi(1886~1963)

1886 Born in Ando Village, Nara.
1908 Studied in London, and was influenced by Wiliam Morris and James Abbott McNeill Whistler.
1911 Become a translator of Bernard Howell Leach, who came to Japan to study under Ogata Kenzan the 6th.
1926 Submitted the proposal of establishment of Japan Craft Museum with Muneyoshi Yanagi, Kanjiro Kawai, and Shoji Hamada
1951 Awarded the Order of Cultural Merit.
1955 Selected as a Living National Treasure in enameled porcelain.
1961 Awarded the Order of Cultural Merit.
1963 "No grave needed. Regard my works as habitant of my soul."

富本憲吉 作品一覧