原田拾六Shuroku Harada

陶歴/ History

1941年 岡山県に生まれる
1969年 この頃より作陶を始める
1971年 穴窯を築窯する
1972年 登窯を築窯する
1975年 桂又三郎に師事し、古備前の研究を始める
2000年 日本陶磁協会賞を受賞
2002年 「岐阜県現代陶芸美術館記念展」に出品
1941 Shuroku Harada was born in Okayama.
1969 Started art work since then.
1971 Built his own anagama (underground kiln).
1972 Built a noborigama (rising kiln).
1975 Met Matasaburo Katsura and studied under him, then started Old Bizen research.
2000 Won an award at the Japan Ceramic Society.
2002 Joined the Memorial exhibition at the Museum of Modern Ceramic Art in Gifu.

原田拾六 作品一覧