八木一夫Kazuo Yagi

陶歴/ History

1918年 陶芸家・八木一艸の長男として京都市に生まれる
1937年 京都市立美術工芸学校彫刻科を卒業
1947年 『青年作陶家集団』の趣意書を発表する
1948年 鈴木治、山田光、松井美介、叶哲夫とともに「走泥社」を結成する
1957年 京都市美術大学(現・京都市立芸術大学)彫刻科の非常勤講師となる
この年初めて黒陶作品の制作を始める
1969年 『八木一夫作品集』(求龍堂)が出版される
1972年 東京伊勢丹で「八木一夫個展」が開催され、本のシリーズを発表する
1978年 パリのグラン・パレで開催の「FICA78」にて「八木一夫陶彫展」と題し
    作品「Haiku I ~XI」を陳列、高評を博す。 東京伊勢丹で「還暦記念八木一夫展」が開催される
1979年 心不全のため死去
Kazuo Yagi was born in Kyoto in 1918.He was the first son of Isso Yagi.
Kazuo established "Sodei-sha" with Osamu Suzuki in 1948.
He won the Golden Prize of Oostende National Pottery Making Award in 1959.
He won the Golden Prize of Prague National Pottery Making Award in 1971.
He became a professor at Kyoto City University of Arts.
He won the Golden Prize of Japan Ceramic Society in 1973. He died in 1979.

八木一夫 作品一覧