消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

加彩三羊文盌 Chawan, Overglazed enamels, Three sheeps motif

石黒宗麿/ MUNEMARO ISHIGURO
  • 加彩三羊文盌
世界最古の赤絵は中国宋代の磁州窯で作られた宋赤絵と言われている。盟友だった小山冨士夫先生が宝物にしていた山西省潞安窯の大きな宋赤絵の陶片に宗麿先生もいつか魅入ったのかもしれない。1940年頃からの宋赤絵風の仕事を取り組んでいるが最晩年にはこの加彩という名称のもと、この仕事も大成している。この茶碗には三匹の羊が描かれている。中国での三羊は陰が陽に、冬が春になると言われとても縁起が良い吉祥文様である。高台脇に「S」の刻銘がある。

『陶芸界の鬼才 石黒宗麿展』(1986 日本橋髙島屋)出品作品
お問合せ番号 No.MI-40
13.2 / H5.2cm
¥1,200,000-(税込 / including tax)

石黒宗麿 作品一覧