灰釉盃 Sake cup

岡部嶺男/ MINEO OKABE
  • 灰釉盃
青瓷の祖型である灰釉を嶺男先生は徹底的に研究された。
箆で削られた土の表情や轆轤目をうまく生かし
部分的に釉薬の濃淡が出るようにしている。
見込みには兜巾がでている。
通常見る灰釉盃よりも明るくエメラルドグリーン色となっている。
手取りがよく使いやすい盃である。
高台内に「山」のくずしの刻銘がある。
箱は鹿皮の紐を用いている。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
6.7/高5.5cm

岡部嶺男 作品一覧