消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

一九七七 壷 Vase, 1977

加守田 章二/ SYOJI KAMODA
  • 一九七七 壷
  • 一九七七 壷
楕円を呈しながら下から上にかけて拡がっている形である。
鼠色の素地には線のみ残し黒釉を施している。
青釉の羽衣のような文様に茶釉の蝶が何匹も飛んでいるように見える。
裏面には少し鋭利な文様を配している。
下部中央には小さな開口があり、接地面に拘る加守田先生らしい。
高台内に「一九七七 章」の彫名がある。
2018年備前市立備前焼ミュージアムにて開催された加守田章二展の出展作品である。

-----

It is eclipsed shape that gradually widen from the bottom toward the top. He covered it with black glaze, but remained only the lines left uncolored aiming to show the clay. You can see brown glazed butterflies flying around the blue thin feather-like raiment.
There are sharp and edged pattern on the back. There is a small window at the center of the bottom, which is characteristic of his works, which is paying attention to the bottom making.
You can find the inscription of “1977” and his signature inside the foot.
The work was listed in his exhibition in 2018 at the Museum of Bizen Ware in Okayama.
 
16.4 / 12.0 / H34.8cm
売約済 / Sold
共箱 / with box signed by artist

加守田 章二 作品一覧