備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」 Flower vase,bizen type

金重陶陽/ TOYO KANESHIGE
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
  • 備前窯変肩衝花入 銘「夕焼」
細工師出身なだけに、ミリ単位でこの姿にこだわったのであろう。
何百という花入を作り、いよいよ窯詰めという段階で一番形の美しいものを素穴に入れ焼成する。
景色も群を抜いている作品である。
また、魯山人を以って世界最高と言わせたその土味も素晴らしく、この花入には陶陽先生の全ての魅力がある。
表千家十三代即中斎により「夕焼」の銘が付けられている。
畳付に「ト」の彫銘がある。
共箱 即中斎銘(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
12.2/10.8/24.5cm

金重陶陽 作品一覧