彩色湯呑 Tea cup

加守田 章二/ SYOJI KAMODA
  • 彩色湯呑
  • 彩色湯呑
  • 彩色湯呑
  • 彩色湯呑
  • 彩色湯呑
  • 彩色湯呑
1969(昭和44)年に、益子から岩手県遠野市へと陶房を移し、翌70年からは、それまでの作風を一変させた、より独創性溢れる作品―"曲線彫文”、”彩陶”、”彩色”などを次々に発表する。
本作もまた、遠野で作られた作品の一つであり、益子作品で既に頭角を現していたキレのある造形美に加え、”彩色”という加守田独自の類稀なる色彩感覚が冴え渡っている。
日常で使われる湯呑でありながら、芸術性のある姿は、まさに「用の美」を体現したような作品である。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
7.2/H8.8cm

加守田 章二 作品一覧