左)風の家 右)雲の裏表 left)Clay Work, House of wind right)Clay Work, Both sides of cloud

鈴木治/ OSAMU SUZUKI
  • 左)風の家 右)雲の裏表
  • 左)風の家 右)雲の裏表
  • 左)風の家 右)雲の裏表
  • 左)風の家 右)雲の裏表
  • 左)風の家 右)雲の裏表
  • 左)風の家 右)雲の裏表
「掌上泥象三十八景ノ内」の中の2点である
自らのオブジェ作品を「森羅万象」の象から「泥象(でいしょう)」と名付けた鈴木治先生
信楽の土を使った焼締陶に赤化粧を施す作風には、
土本来の姿が自然に現れたかのような量感と素朴さがあり
雲、風などの親しみやすいモチーフでありながら、
簡潔明瞭な輪郭線による象徴的な表現に、鋭い感性を秘めた独特の魅力を感じる

Suzuki Osamu named his objet d'art "Dei-sho" means a material object of all things in nature.His style which covered with red earth on high-fired unglazed stoneware, yakishime using Shigaraki earth.There are volume and simpleness as if a primary earth emerges naturally.The figurative expression founded on the simplest outline holds his inner keenness and a particular attraction though he used well-known motif like a cloud and a wind.
※後面下部に銘有 共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
(左)7.0×2.3/H7.8cm (右)6.5×2.2/H9.7cm

鈴木治 作品一覧