米色瓷茶碗 Tea bowl

伊藤秀人/ HIDEHITO ITO
  • 米色瓷茶碗
  • 米色瓷茶碗
  • 米色瓷茶碗
  • 米色瓷茶碗
  • 米色瓷茶碗
  • 米色瓷茶碗
茶溜りから一枚一枚、几帳面に刻まれた花弁が優しく開きます。

蜂蜜が結晶化したようなとろみのある釉薬は、輪花の形に良く似合い、甘く、香ばしい香りがふわりと漂ってきそう。

小さく精巧に作られた高台も、枝から摘み取ったばかりの花のようで瑞々しさに溢れている。

大小の貫入による上品な輝きを存分に愉しみたい。



Flower petals are precisely and sensitively opened from the bottom of the tea bowl.
The crystallized-honey-like thicken glaze looks beautiful on the form, as if you can smell the sweet scent in the air.
The elaborate small foot also implies a flesh flower that is just taken apart from a brunch.
It is enjoyable to look into the graceful shiny Kan-nyu craze over the tea bowl.
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
172,800円(税込/including tax)
15.6/H6.0cm

伊藤秀人 作品一覧