Object, Bird

鈴木治/ OSAMU SUZUKI
  • 鳥
焼締陶と共に鈴木治先生の柱となっているのが「影青(青白磁)」の作品である。
昭和44年京都の東山区清水焼団地に転居。ガス窯の還元焼成による影青手の作品は治先生に新たな側面を生み出している。
影青の持つ静謐な印象は、量感を意識した造形から、徐々に削ぎ落した中に生まれるシンプルながらも強度のある造形へと変化をもたらした。
馬と共に生涯取り組んだ鳥をモチーフとした本作。
表面全体にある叩き痕が青白磁の釉に濃淡を作り、細部の鋭い造形には緊張感を感じさせる。
背面下部に「す」の印がある。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
14.2 / 11.0 / 高13.7cm
¥1,800,000 (税込/including tax)

鈴木治 作品一覧