志野徳利 Tokkuri

荒川豊藏/ TOYOZO ARAKAWA
  • 志野徳利
  • 志野徳利
  • 志野徳利
  • 志野徳利
  • 志野徳利
  • 志野徳利
美濃陶芸の発展に多大な影響を与えた荒川豊蔵。
昭和5年に、大萱の牟田洞窯跡を調査したところ桃山時代の陶片を発見し、 それまで瀬戸で焼かれたとさせる志野焼が、美濃で焼かれていたことを証明させた。
その後は、独自の志野焼の製作を通し、探求と復興に努め、 30年には志野と瀬戸黒の重要無形文化財技術保持者となる。
仄かな緋色が特徴的なこちらの徳利は、 数羽の鳥が連なって飛んでいく様子が描かれている。
柔らかな色調と描かれた長閑な風景が、優しく温かみのある雰囲気を醸し出している逸品である。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
10.2/H15.6cm

荒川豊藏 作品一覧