染付高砂手花入 Vase

荒川豊藏/ TOYOZO ARAKAWA
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
  • 染付高砂手花入
中国明の時代、景徳鎮窯で焼かれた砧形の青瓷花入に鯉耳がついた古染付の花入を倣った作品です。鯉も高砂も縁起の良いものとされており、当時は日本人向けに焼かれ小堀遠州が好んだとされます。
豊蔵先生の高砂手花入にも、同様に胴部に蔓唐草、口縁の内側に鋸歯文、頸部には能の謡曲『高砂』にある「尉と姥」が表と裏に描かれています。豊蔵先生は志野や瀬戸黒の作品とは別に、虎渓山に水月窯を築き、染付や赤絵の作品も数多く手がけていました。こちらの染付の筆運びにも趣きが感じられ余白がバランス良く配されています。箱の裏に虎渓山と書かれていることから、水月窯で作られたと思われ、無田陶人や斗出庵と号しており、高台には「斗」のサインがあります。
箱付(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
12.8/H29.4㎝
¥750,000(税込 / including tax)

荒川豊藏 作品一覧