白酒盃一対 A pair of sake cups

八木一夫/ KAZUO YAGI
  • 白酒盃一対
  • 白酒盃一対
  • 白酒盃一対
  • 白酒盃一対
  • 白酒盃一対
千点文とは中国磁州窯にて始まり、日本でも小鹿田焼などの民芸陶器にある。
柱時計などのゼンマイの戻る力を利用して生乾きの時に付けられる。
別名「飛白文」などと言われている。
近代では石黒宗麿先生や八木一夫先生の千点文が評価が高い。
本作品も八木一夫先生らしい作品でウィットに富んでいる。
赤土に白化粧を施した後、外側の千点文を通常のものよりも細かく繊細に入れている。
見込には線を入れて、ビール瓶とコーラの瓶とも言われているガラス質の茶釉と青釉を配している。
高台内に小さく丸く白化粧して「ヤ」を刻銘している。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
1,200,000円
5.3/高3.2cm

八木一夫 作品一覧