白地緑彩草虫文皿 Dish

石黒宗麿/ MUNEMARO ISHIGURO
  • 白地緑彩草虫文皿
  • 白地緑彩草虫文皿
  • 白地緑彩草虫文皿
  • 白地緑彩草虫文皿
  • 白地緑彩草虫文皿
  • 白地緑彩草虫文皿
「貧困の中を悠々と闊歩し、この道を歩み通した生涯一野人。自由奔放、何人にも頭を下げず、心のおもむくままにやきものを作って楽しんだ人だ」と小山冨士夫が言われたほど、孤高の陶芸家であった。 生涯、師をもたず、陶芸の技術は古陶磁から直接学び、自在な表現で崇高な作品を残している。
こちらは、素地に白化粧を施し、草と虫が彫られた作品。
絵図が生き生きと描かれており、あたかも自然の一風景を切り抜いたようである。そして、裏を覗くと、豪快に刷毛目でふるった鉄絵の景色が、 表の穏やかな様子とは対照的に、躍動感のある姿を見せてくれる。
小山冨士夫箱(With wood box titled, signed and sealed by artist; Fujio Koyama.)
売約済(sold)
21.8/H5.4cm

石黒宗麿 作品一覧