白濁碗 Tea bowl

石黒宗麿/ MUNEMARO ISHIGURO
  • 白濁碗
  • 白濁碗
均整の取れた丸いお茶碗。

落ち着きある黄海松茶色(きみるちゃいろ)に変化した灰釉は、瑞々しくしっとりした大人の品を感じさせる。
見込には細い三日月型にかけ残された赤茶色の素地に雲がかかるように釉垂れする。
素地の赤味と釉の緑がお互いを引き立て合い美しさを増す。

微かに残る轆轤目、釉に反応し出て来た土の中の鉄分が織りなす細かな粒の表情。
静かな変化をじっくりと味わいたい逸品となる。


※黄海松茶色(きみるちゃいろ)
江戸時代に好まれた海松茶よりも黄みの強い黄灰色のこと。
現代でいえばオリーブ色に近い色合い。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
1,300,000円
12.0/H6.2cm

石黒宗麿 作品一覧