白磁急須 Tea Pot, Hakuji

富本憲吉/ KENKICHI TOMIMOTO
  • 白磁急須
ときどき真白な器をめでたくなるのは人に備わった何かなのでしょうか。富本先生は初期のころ焼き物の基本は形ではないかとの想いをお持ちでした。それが白磁の作品であり、全体のバランスを考えた形の調和を生み出しました。色を排除したこちらの急須は形の愛らしさに目に留まります。そしてその白も柔らかさをまとっています。この急須は女性でも片手で持てる小振りな大きさで、その丸みが手に優しくフィットすることと思います。

----------
Tomimoto Kenkichi has regarded the shape as a basis of a pottery work in his early period, and that is why he has persuaded well-balanced porcelain. This item, emphasized the shape by removing any colors, has an charming and adorable face, and the simple form has somehow warm atmosphere.
The size is just suitable for women to hold in one hand, and the round from would fit comfortable
藤本能道箱(With wood box titled, signed and sealed by Nodo Fujimoto.)
7.0×10.0×H6.0cm
売約済 / sold

富本憲吉 作品一覧