色絵帯留 蝶 Sash band, butterfly pattern, iroe

富本憲吉/ KENKICHI TOMIMOTO
  • 色絵帯留 蝶
  • 色絵帯留 蝶
  • 色絵帯留 蝶
蝶は、仏教では「輪廻転生」の象徴。
また日本では「ちょう」という音が「丁」(整った数・偶数)「長」(秀でる)とも重なり吉祥文様として婚礼の衣裳などに施されるモチーフとして知られる。
白地に青の長寿吉兆の象徴とされる亀甲の縁取りの中に蝶がとまり、より縁起の良いモチーフとなっている。

藍染の着物にザックリと織られた白い帯、薄いベージュの帯締めに、この鮮やかな帯留めを合わせて…帯留めの色に合わせた臙脂色の帯揚でスッと色を差したら、粋な秋の演出が出来そう。

小さいけれど、目を引く、印象的な作品となっている。
売約済(sold)
5.5×H0.9cm

富本憲吉 作品一覧