消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

彫みしま茶碗 Chawan, Mishima

北大路魯山人/ KITAOJI ROSANJIN
  • 彫みしま茶碗
  • 彫みしま茶碗
初期の茶陶の中で、ひと際目を引くものが、朝鮮土をつかったこのような茶碗である。
昭和3年、朝鮮 鶏龍山古窯調査とともに素材を手に入れることで、意欲的に粉引や刷毛目、三島の作品を世に残すことになる。
この作品は、少しあと作になり、荒々しい初期作と対照的に品格のある茶碗になっている。
いくつもの素晴らしい篆刻を生み出した魯山人先生の勢いのある刷毛目と彫りの抑揚は、見事と言わざるを得ない。


-----
Chawan made of Korean clay stands out among his works for Tea Ceremony in his younger age. He earned the valuable clay of Gyeryongsan old kiln in South Korea when he researched there in 1928, and pursued to produce high-quality Kohiki, Hakeme, and Mishima with the clay.
Comparing to the rough ones made in the ealier stage of the series, this item in latter period has dignity. The use of lively brush painting and modulated curving is superior. The remark is characteristic of Rosanjin, who was highly talented in seal-engraving.
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
¥1,200,000(税込/including tax)
13.2 / 高5.7cm

北大路魯山人 作品一覧