消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

金彩入良寛詩筆筒 Brush Stand, Calligraphy

北大路魯山人/ KITAOJI ROSANJIN
  • 金彩入良寛詩筆筒
春夜与友人歩月到田舎途中口号 良寛
朦朧春夜月。携手歩遅々。忽驚人語響。水禽鼓翼飛。

【訓読】
春夜、友人と月に歩き、田舎に到る。途中の口号。
朦朧たる春夜の月、手を携(たづさ)へて歩み遅々(ちち)。
忽ち人語の響きに驚いて、水禽(すいきん)翼を鼓(こ)して飛ぶ。

【大意】
春の夜、友人と月を見ながら歩いて田舎へ行った。途中の口すさび。
春の夜のおぼろ月、友と手を携えてのんびり歩く。
突然人の話し声に驚いて、水鳥が翼を鳴らして飛び立つ。


まだ残る雪に反射した明りのように、美しく白い白磁の筆筒。

そこに施される文字は、見上げたおぼろ月に溶け合いそうな柔らかな筆の運び。

良寛先生の詩の美しいひと場面が余白の白に映し出されるよう。

----------
【meaning of the poem by Ryokan】
Walking with a friend to countryside, singing under the moon in a spring night.
Going slowly, holding hands under a hazy spring night.
Suddenly, a water bird flies up, flapping his wings, surprised by our voices.
.
.
The beautiful porcelain of a brush stand is like a reflecting light on remained snow.
The words on it has a warm and gentle brush strokes that perfectly fit to the hazy moon.
The beautiful scenery of the poem by Ryokan is expressed between the lines of the vacant space on the paper canvas.
白崎秀雄箱(With wood box titled, signed and sealed by Hideo SHIRASAKI.)
お問い合わせ下さい / Please inquiry
7.7×H12.4cm

北大路魯山人 作品一覧