消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

牡丹絵ゆのみ 十 Yunomi 10 [A set of ten Yunomi]

北大路魯山人/ KITAOJI ROSANJIN
  • 牡丹絵ゆのみ 十
  • 牡丹絵ゆのみ 十
  • 牡丹絵ゆのみ 十
  • 牡丹絵ゆのみ 十
  • 牡丹絵ゆのみ 十
  • 牡丹絵ゆのみ 十
しっかりと厚手に作られた白磁の湯呑に、大胆にも天地一杯に牡丹を描いた。
乾山や頴川、そして明末の古染や呉須赤絵など先人の残してくれた貴重な遺産を一旦吸収して、魯山人流に消化している。
赤呉須をたっぷりと含んだ筆の動きで複雑な牡丹の赤花を表し、葉との調和が、魯山人の優れた芸術性を示している。
「牡丹一日紅 満城公子酔」と画賛が赤絵具で書かれているが、若い頃から書にも才能を発揮した魯山人のスピード感溢れる運筆は鋭く強い。


----------
Those celadon Yunomi are made thick and peonies are drawn to fill the canvas.
He studied the works of Ogata Kenzan, Okuda Eisen and other styles like old sometsuke in the end of Meiji period or red and blue painting and he absorbed into his style.
He drew peony in a complicated gradation with a brush holding a plenty of ink. The harmony of the red and green confirm the talent of Rosanjin.
The Chinese sentences are written in a strong and edged red painting at a very high speed, which he gained the ability training from his very childhood.
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
売約済(sold)
7.8/H10.0cm

北大路魯山人 作品一覧