消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

良寛詩筆筒 Ryokanshi Hitto [Brush stand, calligraphy]

北大路魯山人/ KITAOJI ROSANJIN
  • 良寛詩筆筒
  • 良寛詩筆筒
  • 良寛詩筆筒
  • 良寛詩筆筒
  • 良寛詩筆筒
  • 良寛詩筆筒
時与児童闢百草闘去闘来転風流日暮城頭人帰後一輪明月凌素秋
「街の中の托鉢を終え、子供たちが見つけ、また何度も何度も草相撲をした。そうして日が暮れると、子どもら皆が家に帰ってしまった。良寛だけが独り残され、秋の空高くわたっている一輪の円やかな明月だけが良寛の友となった。」
という良寛の七言絶句に倣って赤呉須に銀彩で描いたものである。
魯山人が好んで揮毫する詩を一字一句もゆるがせにしない。
燻し銀のごとく鈍く輝く。
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
価格はお問合せください
8.4/9.1/H13.3cm

北大路魯山人 作品一覧