色絵松山絵文木之葉形鉢  Leaf-shaped dish, Iro-e

北大路魯山人/ KITAOJI ROSANJIN
  • 色絵松山絵文木之葉形鉢 
木の葉をかたどった器は自然美をこよなく愛する魯山人先生ならでは。
ザングリとした素地の上に鉄釉により松と山の風景を描いた後、流れるように葉脈を彫り白釉を掛けている。
さらにその上からは黄色、赤、緑の色絵を木葉の上に滴る露に見立て筆を下す面白い作品。
器の歪みも風になびく葉の動きのよう。

裏を返すと彫り文様が縦横にめぐらされ、三方に穴が二か所ずつ開けられた大胆な脚がつけられている。
絶妙なアクセントとなるデザイン面でも、軽量化を図る実用面でも考え抜かれた「用の美」を追求した作品と言える。


--------------------
Leaf shaped plate is typical of Rosanjin who loved the beauty of the nature.
After painting pines and mountains with iron on the rough clay, he curved veins and pour the white glaze on it.
And more, he used yellow, red and green painting dots to resemble beads of dew. The distorted shape is like a leaf flowed in breeze.

There are curved vertical and horizontal lines all over, and three legs with two holes are wildly attached, to reduce the weight.
You can tell how he persuaded both design and function.
33.0/22.5/高6.5cm
陶々菴箱/box by Toto-an
※お問い合わせ下さい/Please inquiry

北大路魯山人 作品一覧