消費税率改正に伴うお知らせ (2019年10月より10%となります)

斑唐津盃 Sake cup

小山冨士夫/ FUJIO KOYAMA
  • 斑唐津盃
  • 斑唐津盃
  • 斑唐津盃
  • 斑唐津盃
  • 斑唐津盃
  • 斑唐津盃
小さな盃の中に沢山の見所が詰まった作品。

斑釉が垂れて薄くなった口には、薄っすらと素地の色が見えて落ち着きを持たせ、 釉の厚い部分は複雑な色合いを見せる透明感ある美しい斑釉となる。

鉄分を多く含む土味を愉しむように作られた作品は、小さいながらもたっぷりとした厚みを持たせて作られており、 土見せ部分の表情も、また釉から浮き上がる鉄色に溶け出した表情も面白い。

特に見込みには大きく流れ込んだ鉄色が景色となって、こちらの目を奪う心惹きつける作品となっている。

高台内側には「古」の刻印が入る。


------------------------------
The small cup has not a few view points to enjoy.
Applied Madara-glaze remains thin at the edge of the cup, and the run glaze pooled at the bottom shows profound mixture of the beautiful transparent glaze.
The clay with plenty of iron was formed thick, and the of both where glazed and unglazed are effective.
Especially interesting view of rich iron inside the cup catches our eyes.
There is the artists' engraved signature inside the foot.
共箱(With wood box titled, signed and sealed by artist.)
¥250,000(税込/including tax)
6.4/H3.5cm

小山冨士夫 作品一覧